「未来につながる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

> > > > 彼らの力でサンタクロースになれました:)~あなたにとってボランティアとは?~
2018/01/2

彼らの力でサンタクロースになれました:)~あなたにとってボランティアとは?~

こんにちは、現地スタッフの桃野華恋です!

前回の記事でお話ししたX’masの企画

”DOOR TO DOOR”

前回は、なぜ企画したのかというお話しからどこに行くのかという所までのお話をさせて頂きました。

今日の記事は前回の続き。 いくつかの候補から最終的に場所を決めた私は、その場所で企画実行する前に視察にいくことにしました。 今回はその視察とX’mas当日のお話しです☺

視察へ~Public SchoolのX’mas Party~

X’mas当日に行くことに決めた場所はPit-os talambayという場所から少し山の方に進んだ場所。 私達がプレゼントを配ろうとしている場所は川辺の近くに住む貧困層の家々。

その地域の子どもたちが通う公立小学校には同じくその場所を紹介してくれた私の友人Nさんの息子も通っています。視察に行く日を彼女と相談している時に、もうじきX‘mas partyが学校で開かれるということを知り、私は視察に行く日をそのパーティーの日に決めました。

小学校のX’mas party

こちらが公立小学校

public school(noemi)_12

この日はクリスマスパーティーということもあり多くの人で賑わっていました☺

public school(noemi)_13

public school(noemi)_34

public school(noemi)_37

このクリスマスパーティーを最後に今年の授業は終わります。それもあり、子どもたちはこの日が楽しみで仕方のない様子。

public school(noemi)_17

各クラスで、先生が用意したゲームが進められていきます。すごい盛り上がりようです!ゲームの勝利者にはキャンディーが配られるのですが、子どもたちのキャンディーへの喜びようが予想以上で、この時に”お菓子をたくさん用意して配ろう”と思いました☺

public school(noemi)_22

最後にはプレゼント交換が行われます。中身はお菓子です☺

public school(noemi)_16

最後にはみんなで食事!

public school(noemi)_30

食事は各家庭の親御さんが一品ずつ持ち寄っていました!それを皆でシェアして頂きます☺子どもだけではなく、ご両親も一緒に、また私にもプレートを渡して「食べなさい」と言って下さり美味しくいただきました!!

public school(noemi)_6

食事のあとは外にアイスの機械が用意されており、子どもたちの長蛇の列が!!

public school(noemi)_36

思う存分にクリスマスパーティーを楽しんでいる子どもたちでした☺

 

・・・・と、ここまでは楽しい楽しい公立小学校でのクリスマスパーティーの様子をお伝えしましたが、忘れてはいけません!私がここに来た本来の目的は”視察”です。

実はクリスマスパーティーが始まる前にNさんと一緒に私たちが目星をつけていた場所に行って様子を見てきました。

 

入り口ゲートを通ることが許されない住人

私たちが目星をつけていたのは川辺に建ち並ぶ家々。

Nさんがそこに案内してくれた時には驚いたのですが、なんとその家々がある敷地内に入るにはガードマンの常駐している大変立派なゲートを抜けなければいけません。

P9140167-1024x768

マクタンのリゾート地などにはよく見られるこのゲートですが、入る際にはIDを預けて、また「どこに行くか」を伝えなければいけません。歩きで入る場合は個々のIDが必要となり、タクシーなどの乗り物で入る際には、運転手がIDを預けます。

私たちの場合は、この敷地の中にNさんの叔父さんが暮らしているので、そのお叔父さんに会いにいくと伝え、私たちもここでIDを預けました。

中に入るとこのように、広い道路の脇に大きな家が建ち並んでいました。

DSCN4547

下の写真の右に写る家が見えますでしょうか?

とても大きい白い家があるのが見えると思います。すみません、遠くてよく見えないかもしれませんが日本と同じような大きさ、むしろ立派でもあるこのような家がこの敷地内には多くありました。

DSCN4673

家々の様子からもわかる様に、Nさん曰くこのエリアは比較的お金持ちの方々が住んでいるとのことでした。「私の叔父さんたちはリッチではないけどね!(笑)」と一言添えていましたが(笑)

肝心な私たちの目的の場所は川辺のエリアいうことで、ここの脇にある細道から下に降りていきます。

DSCN4537

視察へ行かせてもらった日はあいにくの雨。台風が近づいていたこともあり路面状況は最悪でした。

しかし、ここに住む人たちにとっては雨が降った時はこの状況さえ当たり前。ここで生活することの大変さをひしひしと感じました。

DSCN4544

下に降りると家が見えてきました。

DSCN4538

DSCN4540

DSCN4542

下に降りて奥に進むと約10軒ほど家があります。

川を渡った反対岸には更に家があります。

住人に許可を得て写真撮影をさせて頂きました。

180FEC92-1CC8-4633-85F2-7EE91D78C2D1

EFCD3C47-F506-42B2-B4B2-09F20894215E

家々は木の板や竹で造られています。

71C007CA-AE87-4970-A5EB-097DE06833F2

AE40C7B2-E8B6-4E5F-85E0-BA6488FBC0DF

私たちがお邪魔した時は大半の子どもたちは学校で行われているクリスマスパーティーの最中です。ここで暮らす子どもたちは学校へ通えていると、この記事でもお話ししましたが、Nさん曰く学校に通えてはいても、やはりその中でも違いがでてしまうと言います。

無料なのは授業料と教科書のみ。学校で使用するノートや文房具等は自身で購入する必要があります。また、最もわかりやすいのは昼食。給食はないので各自お弁当を持ってくる必要があります。しかし、お弁当の中身が少なかったり、日によってはお弁当を持ってくることができていない子もいると先生はおっしゃっていました。

クリスマスパーティーの際にも、みんなで交換するお菓子をそれぞれ持ってくるよう頼んだそうですが、持ってくることができる量にも差はでてしまっていたとのこと。

クリスマスパーティーで着ている子どもたちの服装にも差がでていたのも確かでした。

そして、色々と話を聞く中で私が一番驚いたことは”通学路”のことでした。

覚えていますでしょうか?彼らが住む家は公立小学校のすぐ近くだということを。徒歩でいくと約5分・・いや5分もかからないかもしれません。何せあの立派なゲートを出た目の前が学校なんです。

ですが彼らは5分で学校に着くことはできません。

「ナゼか?」

それは彼らがゲートを通ることが許されていないからです。

彼らはこれほど近いはずのキョリを、別ルートで遠回りして20分程かけて学校に通わなければいけないのです。

理由はとてもシンプル。

この敷地内で権力を持つリーダーが、決めたルールがあるからです。このゲート内に住む人はこのエリアの住人だというIDを発行する必要があり、ゲート通過時はそのIDで身元を証明しなければいけないというものです。

そしてそのIDを発行するためには一人当たり500ペソの支払いが必要です。これはとても高額です。ましてや家族分を払うとなるともっと高額になります。特に低所得で暮らす彼らにとってはとてもじゃないけど払うことのできない金額です。それだけの額を通過料のために支払うならば、いくら敷地に出入りするために遠回りをしなければいけなくなっても毎日の食事や生活費、家族が生きていくために、その大事なお金を使うことを彼らは選んでいるのです。

大きな道からほんの少し下に降りるだけで、住んでいる家も、学校へ通う道も、着ている洋服も、貰える物も、すべてが変わってくるのです。

家々の様子を見させてもらい、またNさんからここの方たちの話を聞き、私はDOOR TO DOORの実施場所を”ここにしよう”と決めたのでした。

 

X’mas イブ

12月24日、クリスマスイブ。

恋人たちが仲良くデートをしているであろうこの楽しい夜に、私はもくもくと次の日に控えるプレゼントの準備をしていました(笑)

DSCN4592

子どもたちにはお菓子の詰め合わせです☺

DSCN4602

同僚のスタッフに手伝ってもらいながらクリスマス柄の包装紙で綺麗に一つ一つ包んでいきます☆

DSCN4608

DSCN4607

今回のプレゼントは子ども一人一人に配る用と、DOOR TO DOORで訪れる家庭にも一つずつ配る予定で、家庭用には洋服や生活用品、文房具や食料などの詰め合わせです。

DSCN4595

こちらも包装して完成です☺

DSCN4617

DSCN4616

プレゼントをサンタ袋にしまい、いざ出発!!

DSCN4610

 

DOOR TO DOOR~サンタが家にやってくる~

25日、クリスマス当日。私たちはお昼過ぎに実施場所であるPit-osに到着しました。

ゲートではNさんの叔父さんに会いに行くと伝え敷地内に入ります。ちなみにここで本当の目的を伝えると中に入れてもらえないそう。通過料を支払っていない彼らはあくまでも、この敷地内の住人ではないと捉えられているからです。

DSCN4683

25日当日は快晴!最高の天気。近くの住人が飼っている牛さんも草を食べながら日向ぼっこ中。

以前訪れた時よりは道も歩きやすくて一安心。

彼らが待つ川辺の方へと降りていきます。

DSCN4620

下へと降りると、子どもたちが不思議そうな表情でこちらを眺めていました。それはそうです、これはサプライズ!

子どもたちはこれから何が起こるか分かっていません。ましてやここに外国人が訪れることも初めてだと住人の方々が言っていました!

そこでNさんがすかさず私たちが何を行うかを現地語で説明してくれました☺するとお菓子欲しさに早速子どもたちが駆け寄ってきて一列に並び始めました。・・・が今回私たちが行うのは”DOOR TO DOOR”。なので子どもたちには、自分の家で待っているようにと伝えました。

それから一軒一軒訪れ、ご両親に声をかけ、家庭用のプレゼントを渡しその家の子どもたちにも一人一つずつプレゼントを渡していきました☺

DSCN4623

DSCN4625

フィリピンの子どもたちは本当に元気で活発ですが、緊張しているとそこはやはり子ども。シャイな一面があります。これは受け取るのを恥ずかしがって隠れている男のコです(笑)

それから約10軒ほどの家を回って、家族と子どもたちにプレゼントを渡していきました!

DSCN4635

DSCN4650

DSCN4649

DSCN4645

DSCN4658

DSCN4631

DSCN4666

DSCN4642

DSCN4655

私たちが用意したプレゼントは家庭用に10個・子ども用に35個!それらを無事にみなさんに届けることができました☺!!

また、プレゼントをお渡しする際にお願いさせて頂いて、家の様子なども見させていただきました。ほんの少しですが、彼らの暮らしの様子を垣間見ることができたと思います。

DSCN4621

DSCN4669

外にあるキッチンです。

DSCN4657

DSCN4627

DSCN4629

DSCN4618

許可を頂きお家の中も撮影させて頂きました。

DSCN4643

DSCN4644

正直何もない。という言葉が合っているほど何もなかったです。この家の場合もキッチンは外にあります。

この家々一帯の方々は食料に使用する水は綺麗な水をきちんと使用しているそうですが、主に体などは川で洗ったりしているそうです。もちろん、電気も通ってはいないのでライトなどの明かりはありません。夜になると真っ暗です。

 

今回のこの企画で彼らの普段の暮らしをすべて知ることができたとは思いません。むしろ知らないことの方がまだまだ多く、彼らの苦労もきっと私が考えるだけでは計り知れないものだと思います。私がやっとの思いでできたのもたった少しの物を彼らに渡しただけのこと。正直彼らの生活の何かが変わるわけでもありません。これはこの日だけの限定、クリスマスにサンタクロースがやったことなのです。

ただ、今回Nさんの協力のおかげでこのようにこの場所に来ることができて、この場所で1日限りだけれども私たちはサンタクロースになることができました。よく知らない外国人を嫌がることなく笑顔で受け入れてくれて、写真撮影にも快く応じてくれました。何より、私たちの渡したプレゼントを素直に喜んでくれました。

彼らの優しや笑顔のおかげで、私たちもやってよかったなと笑顔にさせてもらいました。全て、彼らが居てこそでした。

このような人と人とのボランティア活動は相手がいなければ始まりません。何事もいつでも”させてもらっている”ということを忘れずに。関わってくれる方々と、全てのタイミングに。今回も、これからも精一杯感謝して今後も活動を続けていきたいと思いました:)!! Salamat!!

DSCN4693

最初にプレゼントを貰うのに恥ずかしがっていた男の子も最後には元気に走り回り一緒に追いかけっこ!元気すぎて私の体力が続かないよ!(笑)

2002675E-B981-42D2-8038-A8C559FE2269

みんなの笑顔が最高のクリスマスプレゼントになった2017年のクリスマスでした☺!!

 

二記事にわたり私の個人的な活動の内容をお届けしてしまいました。。長くなりましたが最後まで読んで頂いた方、ありがとうございました!

そして最後になりましたが2018年・新年あけましておめでとうございます☺!!今年も、少しでもみなさんのフィリピン生活で役立つ記事をお届けできるよう頑張ります!

どうぞ、今年も宜しくお願い致します☆☆☆

 

See you tomorrow★★★

記事の投稿者

Karen

生粋の道産子KARENです! セブでの生活情報や留学情報など 盛りだくさんでお伝えしていきます:) よろしくお願いします‼ 

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話