「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

2016/12/21

Philinterへ行ってきました!

今回はPhilinterを取材してきました。

Philinterについて

IMG_9394

Philinterは、セブのリゾート地・マクタンにある2003年設立の韓国資本の人気学校の1つです。

2016年11月現在の生徒数は、約140名(定員は200名)です。国籍比率は、日本人が約35%、韓国人が約15%、台湾人が約38%、ベトナム人、中国人、タイ人、スペイン人、ポーランド人がいます。

講師陣は、フィリピン講師が約100名です。講師は、採用から9段階の学校独自の採用基準に合格した人のみで、採用後に1~3か月のトレーニングを行い、正式採用となった講師のみが授業を持つことができるという、かなり厳しい基準が設けられています。正式採用後も定期的なテスト・評価が行われ、講師の質の高さが保たれています。

ロケーション

Phlinterは、セブのリゾート地・マクタン島にあり、空港から車で約5~10分の場所にあります。

学校周辺には、スーパー・両替所・レストラン・ネットカフェ・マッサージ・病院などがあり、生活必需品などを揃えることが出来ます。また学校からは、リゾート地へのアクセスも便利になっています。

学校施設について

学校風景

Philinterは、同じ敷地内に宿泊施設と授業施設があります。上の写真は、宿泊施設とプールです。学校施設内にプールがありますので、運動や気分転換にいかがでしょうか。宿泊施設の詳しい説明は後程します!

IMG_9393

こちらは学校の受付です。

IMG_9392

受付の前にはあるスペースで、卒業式が行われます。卒業式の時は、卒業生によるスピーチも行われます。

IMG_9412

学校の売店
ドリンク・スナック・インスタントラーメン等が購入できます。ここのシェイクが本格的で美味しいです!

IMG_9416

食堂
バイキング形式で食事が提供されます。

カリキュラム

◎GENERAL ESL

リスニング・スピーキング・リーディングなどの英語の基礎を学び、また文法・語彙・発音を体系的に強化できるコースです。

◎INTENSIVE POWER SPEAKING

1日5コマのマンツーマン授業を受講できるコースです(グループ授業もあります)。短期間で英語を上達させたい人にオススメです!

◎JUNIOR ESL

7~17歳までが対象のコースです。流暢で正確なスピーキングを学ぶクラスが開かれます。

(TOEIC試験対策)
◎TOEIC Foundation

TOEICの基礎を学ぶコースで、すべての学生が受講可能となっています。TOEICの勉強を基礎からしっかりしたいという方にオススメです!

◎TOEIC Full-Time(12weeks)

明確なTOEICスコアを目標として勉強するコースです。スコア別に600/700/800の3コースに分かれており、各コース別に入学基準があります。目標を達成できなかった場合、目標点数を取得するまで授業料を学校で負担することにより、点数を保証するコースです。

(IELTS試験対策)
◎IELTS Foundation

IELTSの基礎を学ぶコース(Philinterレベル201以上、またはIELTS2.5/TOEIC220~300以上が対象)。IELTSの勉強を基礎からしっかりしたい人方へオススメです。

◎IELTS Full-Time(12weeks)

明確なIELTSスコアを目標として勉強するコースです。スコア別に5.5/6.0/6.5の3つのコースに分かれており、Philinterレベル201+以上(または、IELTS3.5/TOEIC540以上)の方を対象としています。目標を達成できなかった場合、目標点数を取得するまで授業料を学校で負担することにより、点数を保証するコースです。

(BUSINESSコース)
◎Basic BUSINESS(4weeks)

仕事場で英語を必要とする中級程度の英語力の方向けです(Philinterレベル201以上、またはIELTS3.0、TOEIC250以上の方対象)。基本的なビジネス英会話やスピーチ授業を通して、ビジネスの場で実践的に使える英語を学びます。

◎Advanced BUSINESS(4weeks)

仕事場で英語を必要とする中級・上級程度の英語力の方向けです(Philinterレベル301+以上、またはIELTS5.0、TOEIC600以上の方対象)。履歴書の作成や会議交渉の場で使える実践的な英語を学べます。プレゼンテーションの授業もあり、ビジネスパーソンに求められる丁寧な表現や格式ある表現まで細かく学ぶことが出来ます。

◎Focus Industry(2weeks)

中級以上の英語力の方で、短期間でビジネス英語を学びたい方向けです(Philinterレベル201+以上、またはIELTS3.5/TOEIC400以上の方対象)。仕事に関する基本的な知識と専門的な分野の英語を学ぶことが出来ます。マンツーマン授業では、営業・会計・医療などの専門ボキャブラリーから2コマ選択できます。

◎MEDICAL Course(4~8weeks)

医療コースを学びたい方向けのコースです(Philinterレベル201+以上、またはIELTS3.5/TOEIC400以上の方対象)。医療の現場で使用する英語を集中して学ぶことが出来ます。

※ESLをはじめに受講されてから、Basic Businessコース、そしてAdvanced Businessコースを受講される方が多いそうです!
☆フィリンターの評価システムについて

filinter評価システム

フィリンターでは、主に6段階の評価レベルがあります。また、評価レベルは、CEFR・IELTS・TOIFL・TOEICなどの国際基準に当てはめることが出来ます。

※CEFR…ケンブリッジ大学と欧州評議会によって定められ、国際的に評価された言語システムです。英語の理解度を国際的な基準で計ることが出来るように制定されています。フィリンターでは、ビジネスコースを4週以上受講される方のみ、この評価基準を適応してもらえます。

☆定期テストと月末テスト

定期的に学生の英語力テストを実施しています。 毎月2週目の金曜日にはパワーテスト、月末の金曜日にListening, Writing, Speakingなどレベルをチェックするプログレステストを行います。

☆BUDDY TEACHER SYSTEM

Philinterでは、留学生のモチベーションを高め、留学生活に慣れるように、 学生1人当りBUDDY TEACHER 1人が付き添い、授業への適応から評価、生活、試験準備などあらゆる分野でケアをしています。

☆English Day

毎月最終金曜日に構内で様々なアクティビティが催されます。アクティビティは生徒と先生がチームとなって行い、参加する全員が楽しめる内容であることをモットーとしています。もちろん、アクティビティは英語を活用できるアクティビティです!

english-day2

Mr. & Ms. Philinter

english-day4

Spelling Bee

english-day3

Section Wars

授業施設

Philinterの授業施設を紹介していきます!

IMG_9386

マンツーマンクラスの教室

廊下① 廊下② 廊下③

マンツーマンクラスの廊下
マンツーマンクラスの教室は、ライティングやリーディングなど科目ごとに教室の場所が分けられています。

IMG_9408 IMG_9409

グループクラス

宿泊施設

Philinterは、学校敷地内にある学校寮とホテル寮の2種類があります。

学校寮

学校寮には、1~3人部屋があります。

IMG_9418

2人部屋

3人部屋

3人部屋

IMG_9419

トイレ&シャワー

ホテル寮

ホテル寮は1~2人部屋があり、学校へは送迎バスで行くことが出来ます。ただ、WiFiがありませんので、ポケットWiFiが支給される予定です。

IMG_9425

ホテル入口

IMG_9426

ホテル外観

IMG_9428

ホテル室内①

IMG_9429

ホテル室内②     
キッチン・電子レンジ・冷蔵庫もついています!

IMG_9432

ホテル室内③
部屋内には洗濯機もついていますので、自分で洗濯することも可能です!

IMG_9431

ホテル内に金庫もついています。

IMG_9430

トイレ&シャワー

IMG_9436

ドライヤー付きです!

IMG_9427

ホテルのプール

IMG_9440

ホテル屋上のレストラン&バー

IMG_9438

ホテル屋上からはセブを一望できます!

食事内容

IMG_9456

学校の1階に食堂があります。

Philinterでは、平日は朝・昼・晩の3食、土・日・祝日はブランチと晩の2食が提供されます。メニューは、和食・韓国料理・洋食を中心に提供されています。

IMG_9455

その他気になること!

(門限)

日~金 22時
土・祝前日 0時

(WiFi環境)

WiFi環境あり。部屋内でインターネットが使えます。 また、自習室には共有のパソコンがあります。

(掃除・洗濯)

洗濯:週2回
掃除:週1~2回

IMG_9411

洗濯物窓口

(病気になった時の対応について)

週に1回、学校にドクターが来ます。

筆者の授業体験記

今回もマンツーマン授業を実際に体験しました!

IMG_9453

料理や映画鑑賞が好きなRey先生。ダンスも趣味で、授業とは別に生徒さんにズンバダンスを教えたりするそうです。

今回のトピックは、「Phrasal Verb」についてです。Phrasal Verbとは、「look into=調査する」のように、「動詞+前置詞」「動詞+副詞」で1つの動詞のように機能し、その単語の本来の意味とは別の意味を生み出す定型フレーズです。

今回は、Rey先生と一緒に旅行関連のPhrasal Verbを学んでいきます。トピックに入る前に、先生より問題が出されました。「travelとtrip」「vacationとholiday」の違いについてです。

 Rey先生によると、「travelとtrip」の違いは「travel=long time trip」「trip=short time trip」、また「vacationとholiday」の違いは「vacation=longer time」「holiday=shorter time」とだそうです。また「vacationとholiday」については、イギリス英語では「holiday」を使い、「vacation」はあまり使わないそうです。恥ずかしながら、知りませんでした。。。

豆知識も得られたところで、本題に入っていきます。先生よりPrasal Verbが出題され、それを用いて文を作ります。

1問目は「set off またはset out」です。うーんと悩んでいると先生が、この言葉を用いた例文をヒントとしてくれました!

「When did you set off to Cebu?」

これでなんとなく予想できる方もいるのではないでしょうか?正解は「出発する」です。 このように分からない言葉が出てきても先生が分かりやすい例文でヒントを出してくれるので安心してください!もちろん、先生から学んだ後は自分で実際にそのPrasal Verbを使ってみます!もし間違っていれば、理解できるまで先生が丁寧に教えてくれます。

IMG_9454

 その他にも、自分の発音が正しくない場合は、その場で先生が発音を直してくれました!また、答えを考えているときに自分の癖でそばをすするような音?を立てていると、先生から「国によってはそれが相手を不快にさせる場合があるから、wellやlet’s seeなどを使うといいよ」とアドバイスもくれました。

Rey先生、本当にありがとうございました!

生徒さんへのインタビュー

Pilinterの生徒さんにも話を聞くことが出来ました。留学中に感じたこと・これから留学される方へのアドバイスなど、生徒さんの生の声をお伝えしていきます。

IMG_9451

Remmieさん。以前まではPhilinterでインターンとして6か月勤務。現在は、生徒として英語を勉強されています。またセブの他の語学学校への留学経験もあります。

(セブ留学のきっかけは?)

理由は主に2つあります。1つ目は、ワーキングホリデーへの準備です。1校目の留学の際に、エージェントさんよりワーキングホリデーをする前にセブ留学で自分の英語を伸ばすことをお勧めされました。その時に初めてセブ留学を知りました!2つ目は、国際協力に興味があったからです。ベトナム・インドネシアへのスタディーツアーがきっかけで、国際協力に興味を持ちました。ただ、国際協力師になるためには大学院を卒業しなければならないことを知りました。そこで、途上国で開発学が有名な大学院はどこかと調べた時に、フィリピンの大学が出てきました。そのまま大学院に行くのも良かったですが、職歴や資金がなかったのでその国で働き、生活の基盤を築こうと考え、セブでのインターンを決意しました。

(Philinterではどのような授業を受けていますか?)

現在は、マンツーマン授業を4コマ・Small Group classを2コマ・Big Group classを2コマ受講しています。授業の内容は、スピーキング・リーディング・リスニング・グラマー等、英語の基礎となる部分を中心に学習しています。何かにチャレンジする機会を与えてくれる先生が多く、私のお気に入りの先生も様々なチャレンジを私に提案してくれました。多くの人の前で話すことが苦手だったのですが、今ではそれが楽しく感じられ、英語で何かを披露できるようにまでになりました。

(Philinterの良い点は?)

 まず、国籍がとても豊かだと思います。日本人・韓国人・台湾人だけではなく、ベトナム人・ロシア人・スペイン人・モンゴル人の生徒がいました。自分から様々な国籍の生徒に英語で話しかければ、英語漬けの生活を送ることが出来ます。
 2つ目は少し個人的なことかもしれませんが、カフェテリアのシェイクがすごく美味しいです!週に最低1回は飲んでいます!学校の中で、気軽に本格的なシェイクを楽しめます。  
 3つ目は、学校施設と宿泊施設が同じ敷地内にあるのですが別の建物ですので、部屋から授業へ向かう際は、外で少し気分転換をした後に授業施設に向かえるので、リフレッシュした気持ちで授業に臨むことが出来ます。他の学校ですと、授業と宿泊施設が同じ建物にあり、外の空気を吸うことなく1日が終わってしまうこともありますので、その点は良いかなと思います。

(これからPhilinterに来る方へアドバイスは?)

 先生を変える勇気を持つことは大切だと思います。例えば、厳しく教えられることが苦手な生徒が教え方の厳しい先生の授業を受けると、英語を話すことが億劫になってしまう可能性もあります。そのような場合は、迷わず変更することをお勧めします。特にマンツーマンでは、先生との相性が学習に対するモチベーションにも関わってきます。モチベーションを保つという意味でも、この先生合わないなと感じたら変更してみてください。

記事の投稿者

Namu

併せてよく読まれてます

ニセコ留学 お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話