「未来につながる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

> > > > 【セブ島旅行記】私が惚れた、”人をダメにする島”。セブ市内から「マラパスクア島」への行き方
2018/05/10

【セブ島旅行記】私が惚れた、”人をダメにする島”。セブ市内から「マラパスクア島」への行き方

お久しぶりです!現地スタッフの比嘉です。しばらく【セブ島旅行記】の更新をしていませんでしたが、本日は私の愛してやまないダイバーの楽園「マラパスクア島」について、行き方、オススメのアクティビティ、オススメホテルの三つに分けてご紹介していきたいと思います:)

Image_e2856f4

マラパスクア島ってどうやっていくの?

マラパスクア島とは、セブ島の北に位置する小さな島です。

行き方は下記の二通り。

①旅行代理店を通してバンで向かう

どこに行くにもそうですが、「セブでの旅行に慣れていない」「英語にあまり自信がない」「お金を払ってでもいいから、移動に時間をかけたくないし自分で全部予約するとかめんどくさい」そんなあなたは、旅行代理店を通して全部一気に予約しちゃったほうが楽です。旅行代理店と言っても、調べた限りでは、日本人のツアー会社ではマラパスクア島は催行していません。(もしあったらすみません。)

なので、旅行代理店から予約する際はゴリゴリのローカル旅行代理店を使うしかないということです。

ということで、よくスクールトリップでもお世話になっている旅行代理店、「Christineのトラベルエージェンシー」に、一泊二日、6人で行った場合の旅費を聞いてみました。(家族で経営しているため、ちゃんとした会社の名前は無いです多分)

予約方法は直接FacebookのMessengerで日付と人数等を伝えて予約するだけ。当日は指定された時間に宿泊先までお迎えが来ます。※その間のやり取りはもちろん全て英語です

今回の旅費は一人4500ペソ(約1万円弱)。パッケージ内容はこんな感じです。

★パッケージ内容★

◎INCLUDING (含まれているもの)

=air conditioner van(pick up and drop off)-エアコン付きバン(セブ市内滞在先往復)
=room accommodation -宿泊
=boat fare back &port-マラパスクア島までの往復ボート
=island hopping -アイランドホッピング(アクティビティ)
=snorkel set-スノーケル貸出
=entrance fee-入島料
=free breakfast in the resort -2日目ホテルでの朝食
=free lunch 1st day-初日の昼食

◎ITINERARY(旅程表)

=06:00  pick up at hotel/school-6:00am  滞在先ピックアップ(セブ市内)
=9:00 arrived Maya port-9:00am  マヤ港着(マラパスクア島に行く際の経由地)※途中でトイレ休憩あり
=9:10am ride a boat going to malapascua island -9:15am  マラパスクア島行きのボート乗船
=9:40  pm arrive hotel
Start island hopping -9:40am  マラパスクア島のホテル着、アイランドホッピング開始(3か所スノーケリング)
=first destination  is bantigue cove
=second destination is shipwreck
=3rd destination and last is coral garden
1:00pm lunch -1:00pm 昼食
2:00pm check in-2:00pm ホテルチェックイン、自由時間
(TAKE A REST)

Next day
6:00 AM to 10 am breakfast-6:00~10:00amまで朝食、自由時間
then free time .

12:00 check out-12:00 ホテルチェックアウト
12:30 travelling to Maya port-マヤ港まで出発
1:00pm arrive may a port-1:00pm マヤ港着
4:00pm to 5:00 pm arrive at hotel/school-滞在先到着

1日目の朝食、夕食、2日目の昼食以外は全て用意されている、ゆったりめのツアーです。マラパスクア島での3か所を回るアイランドホッピングも人気のスノーケリングポイントですし、ホテルはマラパスクア島で一番人気のバウンディービーチの目の前なので、自由時間もビーチでゆったり過ごしたり、バイクをレンタルして島を一周したり、都会を忘れて素敵な島暮らしができます:)

細かいボートやホテルの手配、アクティビティの手配も全てエージェントがやってくれるので、現地オプショナルツアー等に慣れていない方にオススメです♪

Image_50be66f

②ローカルバスを使って格安で行く

時間がかかってもいい、なるべく安く済ませたい!という方にお勧めの方法が、ローカルバス(もしくはバン)です。

ステップ1.(Cebu City to Maya port)

マラパスクア島はセブ市内より北の方に位置している為、「ノースバスターミナル」へ向かいます。ノースバスターミナルへはJYスクエアモールからだとタクシーで約20分、約130ペソで行けます。(セブ市内には他に、オスロブ等南の方面に行けるサウスバスターミナルがあるので、間違えないように気を付けてください。)

RIMG1543080918

バスターミナルに到着したら、「Maya(マヤ)」行のバスを見つけてください。もしくは、その辺の店員さんやローカルのお客さんに聞いたらすぐに教えてくれます。

【Maya port行バス情報】

◎エアコン付き 180ペソ

◎エアコン無し 163ペソ

【Maya port行バン情報】

◎全てエアコン付き 200ペソ

バスの運行時間を調べてみたのですが、残念ながら有力情報が得られず。。私がマラパスクアに行った際はバンを使用したのですが、地元民から聞いたところ、Maya行のバス&バンは早朝2時頃からやっているみたいです。(実際に私は早朝4時発のバンに乗車しました)

バンの乗り心地は決して良いものではないです(笑)9人乗りのハイエースに少なくとも15人以上ぎゅうぎゅう詰めで乗車して、狭すぎて身動きも取れないかんじ。バスよりもバンの方が目的地まで着くのは1時間ほど早まりますが、乗車人数が達するまで出発はできないので、計画的に行きたい方はバスの方がいいでしょう。ただ、早朝に行くと乗車する方も多いので、思ったより早めに出発してくれます。

ステップ2. (Maya port to Malapascua)

Image_2b65c49

バスでMaya港まで行くと4~5時間程で到着します。(道路状況によりますが)Maya港に到着後、簡易的な受付所があります。

「マラパスクア島まで行きたい」と伝えると、行きのチケットだけ購入可能です。運賃は大体100~200ペソ。乗船する人数によりますが、私が行った時は運悪く人も少なかったので300ペソしました。

朝方の港は潮が引いているので、船に乗る前に小型の難破船のようなボートで船まで移動しないといけません。よく船底に海水が溜まっている為、長ズボンと靴は厳禁です。気を付けてください。ちなみに今にも沈みそうなボートを漕ぐフィリピン人のお兄さんからも20ペソ程要求されます。(移動時間は5分もかからなかったのに。。)

【Maya portからMalapascua Island までのボートスケジュール】

◎運行状況:6:30am~5:30pm(30分おきに出航、定員10人)

運行時間を過ぎてしまうと、Mayaで一泊過ごすことになりますが、地元民に聞いたら安宿まで案内してくれるらしいです。

帰り方.1(Malapascua to Maya port)

マラパスクア島からMaya portまでのボートチケットは事前の購入はできませんが、マラパスクア島の地元民に「Maya港まで帰りたい」と伝えると船の出航時間を教えてくれます。マラパスクア島の港は二か所。バウンディービーチと、名前は無いですがバウンディービーチの反対側のビーチです。出航時間もそれぞれ異なるので、マラパスクア島に到着したら事前に聞いておいたほうがいいでしょう。

最終出航時間は大体夕方17時頃ですが、乗り遅れた場合はボートのチャーターも交渉次第では可能です。ただ、Publicではなくprivateになるので多額を支払わなければいけません。

帰り方.2 (Maya port to Cebu City)

Maya Portに到着したら、地元民に「Bus (or Van)でCebu CityのNorth bus terminalまで帰りたい」と伝えると、Vanのドライバーを紹介されるかBusがあと〇〇分ほどで通るからそれに乗ってくださいと案内されます。

私は帰りもVanを使ったのですが、運よく他の旅行客も乗車していて、待ち時間無くすぐに発車しました。

料金は行きと一緒です。バスを利用したい方は、エアコン付きかエアコン無しかは選べないです。(どのバスが通るはタイミング次第で、どうしても選びたい方は場合によってはすごく待ち時間が長くなります)

マラパスクア島行き方まとめ

マラパスクア島に行く際は、基本的には公共交通機関を利用するため、交渉の場面はありません。なので比較的東南アジア旅行初心者さんでも簡単に行けるのではないかと思います。

Image_cfbbf8c

隠れたリゾート地、ダイバーの楽園。マラパスクア島。次回の記事ではその魅力とオススメのアクティビティをご紹介させていただきます!

Thank you for reading! Have a lovely day ♪

記事の投稿者

Hikari-editor

沖縄出身21歳のアシスタントマネージャー、比嘉ひかりです:) 趣味はダイビング、旅行、音楽、ハンドクラフト♪旅行関係を中心に情報を発信していきます!!

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話