「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないオーストラリア留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

> 海外でビジネス英語を学ぶ
2016/12/27

海外でビジネス英語を学ぶ

 

近年、企業の世界進出が加速していることもあり、ますます英語に対する需要が高まっています。特に、学生時代に英語の勉強をあまりしていなかった方々でも、海外支店への赴任や駐在によって英語を使って仕事をする必要に迫られる、ということも増えてきています。企業によって異なりますが、おおよそTOEIC600点以上で海外赴任ができるかどうかの分かれ目となっているようです。

英語力と年収の関係

Business

英語ができる人とできない人の間では、年収において約200万円程度の差があるというデータがあります。特に多くの外資系企業では英語力が最低限の必要スキルとみなされているため、就職活動においても英語で面接ということは珍しくありません。外資系はもちろんのこと、近年では日系企業においても英語力を問う企業が増えています。私の大学時代の友人は某証券会社の就職面接へ行き、日本語での役員面接が終わったと思ったら「じゃあ今までの内容、英語で言ってみて。」と言われ冷や汗をかいた経験があると話していました。英語と年収の関係はよく記事などで見かけることはありますが、英語が話せれば海外駐在や海外就職、そして世界中の人と関わりを持つチャンスが増えることは間違いありません。

オーストラリアにはさまざまな語学学校がありますが、ビジネス英語をしっかりと勉強したい人ひとにおすすめなのがEmbassy English。こちらの学校は1972年に設立された私立の語学学校となっており、長い歴史があります。もともとイギリスから始まり、現在ではアメリカ、オーストラリア、カナダの各都市に学校が開講されており、世界各国から留学生を受け入れ来た実績があります。

Embassy-English

Embassyのビジネス英語コースは目的に合わせ3つのコースに分かれています。

ビジネス・コミュニケーション・スキル

こちらのコースはビジネス英語を一通り学べるコースとなっており、実際のビジネス場面を意識した取引先やクライアント、会社の同僚とのコミュニケーションに焦点を当てています。会議やプレゼンテーションなど、一般的なビジネスを行う場合に必要となる英語を自然に学ぶことが可能です。ビジネスで必要となる語彙力や表現力、そして異文化理解に関しても学ぶことができ、ビジネスレターといったライティング部門に関してもしっかりと英語力を身に着けることができます。

イングリッシュ・イン・アクション・コース

こちらのコースは、とくにアメリカで働く予定がある人やアメリカで就職を目指す人におすすめのコースです。最低4週間英語を学んだあとに、インターンシップに参加し、実際に英語を使って働くという経験ができるコースとなります。派遣先はアメリカ企業やコミュニティ、教育機関となりますが、在学中に最低でも中上級以上のレベルに達していない場合はインターンシップに参加することができませんのでご注意ください。

パワー・スピーキング・コース

こちらはカナダで受講が可能な、スピーキングに力を入れたカリキュラムとなります。効果的なスピーチやビジネス英語を学び、堂々と人前で発言ができるレベルの英語力を身に着けることができます。最新のデジタル機器を利用しながら効率的に学んでいくことが可能です。

 

このように、ビジネス英語と言えども目的に合わせて様々なコースやカリキュラムが開講されています。そのため、自分の目的に合わせてどのようなコースを受講するのかを決めることが重要となります。また、インターンシップがついているコースを選ぶと英語のみではなく、学んだ英語を生かした就労体験を海外ですることができますので、キャリアアップにつなげることができます。

記事の投稿者

paus-master

併せてよく読まれてます

オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話