「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないオーストラリア留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

おすすめ観光地

オーストラリアは観光で訪れる人いるほど、観光地がたくさんあります。本日はそんな観光地を地域ごとに分けてご紹介します。
ただしその地域に分けていても、その場所から時間がかかることもあるので、事前に場所を確認しておくようにしましょう。

シドニー

オペラハウス(Opera House)

シドニーのシンボル的名所になっています。2007年に世界遺産に登録されています。外観が独特で、シェル型になっています。予算や時間に余裕があれば、内部見学ツアーに参加したり、シーズン中であれば、オペラやバレエ、ミュージカル鑑賞をしたりするのにおすすめです。

Pic1

ハーバーブリッジ(Harbour Bridge)

朝昼晩で見え方が大きく変わります。また、見る場所によって見え方も大きく変わってきます。オペラハウスと並ぶシドニーの定番名所になります。徒歩で渡って見ると、途中に展望台や展示室などもあります。アーツの上を歩けるブリッジクライムツアーもあります。高いところが好きな方にはおすすめです。

Pic2

スリー・シスターズ(The Three Sisters)

世界自然遺産に登録されているブルーマウンテンズ国立公園の中でも一番人気の絶景観光スポットになっています。

Pic3

ボンダイ・ビーチ(bondi beach)

スケートボードやサーフィンを楽しめることができます。波が高いためサーフィンがおすすめです。毎週日曜日のボンダイ・マーケットも賑わうので、日曜日に訪れて、楽しむのもいいですね。

Pic4

ダーリング・ハーバー(Darling Harbour)

シドニーで最も開発されている地区で、ダーリング・ハーバーは以前、造船工場や発電所などがあった港町となり、産業が衰退し、長年放置されたまま工場が残っていましたが、再開発の計画が持ち上がり、ショッピングセンターや博物館、水族館など大規模なテコ入れののち、シドニーでも最も賑わうアミューズメントエリアに生まれ変わりました。

Pic5

ケアンズCairns

パロネラ パーク(Paronella Park)

スペイン風の独特の景観です。お金持ちでもなんでもない男性が、自らの手で建てた夢の城になっています。「天空の城ラピュタ」の城によく似ていると言われている評判の古城になっています。幻想的な光景と満天の星空が楽しめるナイトツアーとなっています。

Pic6

コアラ・ガーデンズ(Kuranda Koala Gardens)

キュランダというケアンズから歴史のある観光列車やスカイレールで行くことができる場所になっていて、熱帯雨林にある小さな村になります。小さな村ですが、ここを始め博物館やバードワールド、熱帯雨林散策など見所がたくさんあります。

Pic7

シャプカイ・アボリジナル文化パーク(Tjapukai Aboriginal Cultural Park)

オーストラリアの先住民族であるアボリジニの人々の文化について学べる施設になっています。日本のような堅苦しい施設ではなく、やり投げ体験やブーメラン投げ体験、フェイスペインティング体験などもできます。

Pic8

グレートバリアリーフ(GREAT BARRIER REEF)

世界遺産に登録されている世界最大のサンゴ礁地帯になります。日数と予算に余裕があればじっくり滞在して堪能するのもいいですね。

Pic9

メルボルン

グレートオーシャンロード(Great Ocean Road)

世界で最も美しいと言われている人気の海岸道路になっています。この中でも十二使徒と名付けられた奇岩群が定番観光スポットになっています。

Pic10

クイーン・ヴィクトリア・マーケット(Queen Victoria Market)

広い敷地に食材市場や食堂、フルーツ、衣類、お土産物などたくさんのものが立ち並ぶ市場になっています。シーズン中であれば生牡蠣も食べることができます。

Pic11

メルボルン博物館(Melbourne Museum)

オーストラチアといえば自然ということで、ここの博物館では自然や歴史などをテーマにした南半球最大の博物館になっています。展示方法も凝っていて、一日いても飽きることはありません。

Pic12

セント・パトリック大聖堂(St.Patrick’s Cathedral)

ゴシック様式の大聖堂になっています。80年以上の歳月をかけて建設されたゴシック様式のカトリック教会になっています。外観も美しいですが、内装も綺麗で定番の観光名所になっています。

Pic13

ゴールドコースト

カランビン・ワイルドライフ・サンクチュアリ(Currumbin Wildlife Sanctuary)

オーストラリアに生息する動物が多数自然に近い形で飼育されている動物園になっています。オーストラリアといえばコアラということで、もちろん抱っこして一緒に写真を取ることができます。珍しいこととしては、ワニの子どもを抱っこしたり、ワニやインコの餌付けショーなど、多彩なプログラムが揃っています。1日楽しむことができます。

Pic14

パース

ウェーブロック(Hyden Rock)

西オーストラリア州にある人気のあるおすすめの観光地になります。せり上がったビックウェーブのような見た目になっているので、サーフィンをしているような格好で写真を撮るのもいいですね。
ちなみにこちらは花崗岩でできていて、長い年月をかけて風邪や雨の侵食の結果出来上がった自然のビックウェーブになっています。何れにしても高さは15メートルでながさは110メートルという壮大な自然を感じることができます。

Pic15

シェルビーチ(Shell beach)

世界遺産シャークベイにあるシェルビーチになっています。白く輝く小さな貝殻が一面に敷き詰められていて、その名の通り貝殻のビーチになっています。世界に2箇所しかない貝殻でできたビーチの一つがここになります。

Pic16

フリーマントル(Fremantle)

パース近郊の街、南西へ19Kmの場所にある港街は、インド洋に面しレトロモダンな建物が街並みを形成しています。19世紀前半に建てられたタウンホールの時計塔や旧刑務所などイギリス風の大きな建物があります。さらに街では100年続くフリーマントル・マーケットも週末に開催されていて、民芸品や雑貨、ハーブのお店が並びます。

Pic17

番外編

エアーズロック(ウルル)(Ayers Rock)

オーストラリアのほぼ真ん中にある広大な赤い砂漠の中にこつ然と出現する不思議な岩山になっています。すぐ近くにあるエアーズロック空港が玄関口になっていて、日本からの直行便が飛んでいません。ケアンズやシドニーから飛行機で行くことができます。
わざわざここに行くのに旅行で行くのは大変なので、留学の機会に行くのもおすすめです。

Pic18

タスマニア島

本土と船で行き来するタスマニアとうになっています。オーストラリア最小の州になっています。タスマニア島の観光の名所は、タスマニア生まれのカスケードビールの貯蔵所「カスケード貯蔵所」となっています。

Pic19
コアラや自然や都会などたくさんの魅力があるオーストラリアには素敵な観光地がたくさんあります。せっかくなので、様々な観光地も楽しんでくださいね。

オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話