「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないオーストラリア留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

住居の探し方

シェアハウス

オーストラリアではシェアハウスと呼ばれる家に間借りして、数人が一緒に住むスタイルが一般的です。この場合、オーナーの家の一部を借りてオーナーも一緒に住むスタイルと、オーナーは別の家にいて、オーナーの持ち家にシェアメイトのみで住むスタイルがあります。基本的には生活に必要なものは全て揃っており、キッチン、リビングルーム、シャワールーム、トイレは共有となります。部屋の広さや備え付けられている家具(机や棚)などは、シェアハウスごとに異なり、料金もそれぞれ異なります。以下がオーストラリアでよく知られているサイトです。

日本語サイト

日豪プレス

対応地域:オーストラリア全土

http://nichigopress.jp

チアーズ

対応地域:シドニー/ゴールドコースト

http://cheers.com.au

ジャムズ

対応地域:シドニー

https://www.jams.tv

GO豪メルボルン

対応地域:メルボルン

https://www.gogomelbourne.com.au

伝言ネット

対応地域:メルボルン

http://www.dengonnet.net/melbourne/

パース通信

対応地域:パース

http://www.perthnews.com.au

英語サイト

Domain.com.au

https://www.domain.com.au/home?mode=share

Real Estate.com.au

https://www.realestate.com.au/share

Gumtree.au

https://www.gumtree.com.au

シェアルーム(share room)とオウンルーム(own room)

シェアハウスには主に2つのタイプの部屋があります。料金はシェアルームの方が割安でオウンルームの方がやや高い設定になります

シェアルーム

一つの部屋にベットと机がいくつか並べられ、数人で同じ部屋に住むタイプ

この場合、トイレやシャワーも共有となります。

オウンルーム

一人で一部屋に住むタイプ

造りによってはシャワーやトイレも一人で使える場合もあります。

※リビングシェア(Living Share)とは

中にはリビングシェアというものもあります。部屋ではなくリビングを間借りして住むスタイルです。ソファーベットがあったり、マットレスが一角に置かれていたりユニークなスタイルです。主に家賃の高いシティー中心によく見られます。リビングシェアはシェアルームやオウンルームに比べて比較的安い料金設定で借りられることが多いです。

シェアハウスの探し方

インターネットで探すのが一般的です。日本語のサイトと英語のサイトがあり、季節によっては情報が多かったり、少なかったりしますが、常に新しい情報が掲載されますので、こまめにチェックし自分の気に入った物件をみつけましょう。また、常に沢山の者が検索しており、オーナーに連絡したけれど既に入居者が決まっていたという事や、入れ違いで先に見学したものが決めてしまい、下見に行く前に入居を断られる可能性もあります。以上をふまえ、何件か候補を見つけ、気に入った物件は早めに下見にいくことも大切です。中には、学校や街の掲示板にシェアハウス情報が貼ってある場合や、口コミで情報を得られることもあります。

探し出すタイミング

シェアハウスを退去する事を伝える際に、最低2週間前に伝えるように定めている家が多いです。よって、空き部屋情報が掲載されるのは部屋が空く予定日の2週間前となります。あまり早く探し出しても、オーナーは一日でも早く誰かに入居して欲しいと考えているため、入居が1ヶ月先にの場合は断られる事もあります。よって引っ越し予定日の2週間前くらいから探しだすのが良いタイミングと言えます。

下見について

良い物件が見つかったら必ず下見をしましょう。通常、掲載する写真は見栄えのよいものが選ばれています。実際に入居してから後悔しない為にも、またこれから同居するオーナーや既に入居している住人に会ってみることも大切です。入居者募集の広告には必ず連絡先が記載されています。電話かSMSでメッセージをします。基本的にはオーナーも少しでも早く入居者を探したいと思っているため、24時間以内には返信が来るはずです。あまりにも返信がない場合は、既に入居者が決まってしまっている可能性が高いので、他を当たりましょう。また一日のうちにいくつかの物件を下見ができるようにスケジュールを組む事もおすすめです。実際に下見をしても、次の下見が翌週だった場合、返事を一週間待ってもらう事になります。その間に他の入居者が決まってしまうかもしれません。

滞在日数について

多くの場合、最低1ヶ月〜3ヶ月からと定められています。しかし、オーナーによっては相談次第で短期で貸し出してくれる場合があります。また、すでに住んでいる者が一時的に部屋を空けるので(一時帰国など)、その間だけ住んでくれる者を募集していることもあります。

料金について

基本的に料金は週ごとに定められており、都市やロケーション、部屋の広さやタイプなどにより大きく変わります。以下はおおまかな目安です。

シェアルーム オウンルーム
シティー AU$150〜$200/週 AU$230〜$320/週
郊外 AU$90〜$110/週 AU$130〜$200/週

 

レントとボンドの違い

レントとは、一週間に支払う基本料金の事をさします。「レント週$160」のように記載されている場合は、一週間毎に$160を支払います。またレントに、インターネット代や電気・水道代が含まれている場合と、含まれない場合があります。入居前に必ず支払うべき料金は何かをきちんと確認しましょう。

ボンドとは、保証金のようなもので、通常レントの2週間分から1ヶ月分を納めることが多いです。もし家具などを破損してしまった場合や、レントの滞納があった場合は、このボンドが使われます。ただし、何もなければ退去時に全額返ってきます。ここでもめない為にも、ボンドを支払ったら必ずレシートを発行してもらいましょう。

オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話