「未来につながる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないオーストラリア留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

銀行口座の開設方法

オーストラリに到着したらまず銀行口座を開設することをおすすめします。ワーキングホリデーや学生ビザで長期滞在を予定されている方は、生活のための資金を管理するうえで必要となります。日本からの送金も簡単に行えるようになりますし、オーストラリアのキャッシュカードを使用してキャッシュレスで買い物ができるようになります。またアルバイトに就いた際は、給料の振込先が必要となります。さらに盗難にあっても最小限に被害を抑えられますし、24時間引き出しが可能なので大変便利です。

オーストラリアの主な銀行

  • ANZ Bank (オーストラリア・ニュージーランド銀行)
  • WESTPAC Bank (ウエストパック銀行)
  • COMMON WEALTH Bank (コモンウェルス銀行)
  • NATIONAL AUSTRALIA Bank (ナショナルオーストラリア銀行)

ワーキングホリデーの方や留学生が銀行口座を開設する上で比較的便利で開設しやすいのは、ANZ Bankです。ケアンズ・ゴールドコースト(サーファーズパラダイス)・シドニーの各支店には日本人スタッフも常勤しており、口座開設のサポートをしています。また他の都市のANZ銀行においても電話にて日本語のインフォメーションを受ける事も可能です。

銀行の営業時間

銀行や地方の支店等によっても例外はありますが、オーストラリアのほとんどの銀行の営業時間は以下の通りです。

  • 月曜日〜木曜日 9:00(9:30)〜16:00
  • 金曜日 9:00(9:30)〜17:00
  • 土曜日 9:00〜12:00(一部の銀行のみ営業)
  • ATMは365日24時間稼動

オーストラリアの銀行開設に必要なもの

銀行口座は入国してから6週間以内であれば窓口でパスポートと銀行口座を開くための最低預金額(50ドル程度)を持参するだけで簡単に手続きができます。入国から6週間を過ぎますと銀行開設時に必要な身分証明がパスポート以外にも必要となります。ただし必要となる書類は銀行によって異なりますので、口座を開く際に必ず確認が必要です。

また、キャッシュカードは口座開設後1〜2週間位で指定の郵送先に送付されます。指定の郵送先は滞在先(ホームステイ、学生寮など)あるいは通学している学校の住所など確実に受け取る住所を記載してください。

銀行口座の種類

オーストラリアの銀行口座には以下の様な種類があります。学生やワーキングホリデービザで来豪の方が口座を作る場合、通常のお金の出入りには普通預金(Term Deposit)の二つが主になると思われます。

普通預金 Saving Account

日本の銀行口座と同じでATMや窓口で通常入金を自由に行える口座。ただし、ATMだと一日におろせる限度額があるので要注意。

定期預金 Term Deposit

日本の定期預金と意味は同じです。ただし、金利が日本より良いので使わないお金は入れておくと良いです。

当座預金 Cheque Account

小切手用の口座。小切手をつくりそれによって支払い入金を行う口座。

キャッシュマネージメント口座 Cash Management

普通用金と定期預金の中間。ただし、最低限度額$5,000必要

インターネットバンキング

銀行口座は主に上記の4つのタイプになりますが、インターネットバンキングも新しい口座の種類となっています。インターネットバンキングの一番のメリットは直接銀行に出向かなくても24時間好きな時間にパソコンの画面で残高を確認しながら振込など様々な支払いが可能なことです。学校に通う際に必要な学費などもインターネットバンキングを通して支払うことが可能です。最低でも普通口座(Saving Account)とインターネットバンキングの2つの口座を開設すると大変便利です。

キャッシュカード

口座開設時、日本の銀行と同じようにキャッシュカード作成の手続きも可能です。通常1週間ほどかかり、後日指定住所に郵送されます。ATMで利用できるので大変便利ですが、ATM利用時に暗証番号を3回間違えるとカードが戻ってきませんので注意が必要です。

銀行通帳について

オーストラリアには日本のような銀行通帳はありません。定期的に指定の住所へBank Statementが送られてくるシステムです。また、インターネットバンキング口座を開設すると、パソコンで残高(Balance)をいつでもチェックすることができます。

EFTPOS(エフトポス)

エフトポスと呼ばれる機能がキャッシュカードにはあり、デビットカードとしてほとんどのお店でキャッシュレスで買い物ができます。サインの必要もなく、PINCODEを打ち込むだけです。また現金が必要な場合は、スーパーのレジで現金を引き出せます。このレジが銀行のような役割を果たします。手数料もかかりませんし、銀行口座から自動的に引き落とされます。オーストラリアでは、このEFTPOSが当たり前に普及しているのであまり現金を持ち歩きません。

Pay Wave(ペイウェーブ)

オーストラリアには、カード決済にあたって、VISAが提供するペイウェーブという支払い方法があります。AU$100以下の支払時は暗証番号を入力することなく、カードを専用の機械にかざすだけで支払いができます。(ほぼ全ての銀行のキャッシュカードに標準搭載されています。)スーパーマーケットや飲食店など多くのお店で利用でき大変便利ですが、サインや暗唱番号の入力なしで簡単に買い物ができるため、カード紛失時はとても危険です。カードの紛失や盗難時はできるだけ早めに銀行に連絡しましょう。

ご不明点ございましたらお気軽にお問合わせ下さい

※電話受付時間:9:00~18:00

オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話