「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないカナダ留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

インターンシップ留学

カナダ国内で就業体験がしたい

インターン

語学留学をした後、将来はカナダを始めとした海外を基準にして働いてみたいと考えている人が多くなっています。 グローバル化が進行する中で国際的な人材になりたいと切望している人たちは、日本ではない異国での就業を求めています。 ですがただ働きたいから、という意思表示をしても気軽に働けるほど簡単ではありません。 就業するためにはビザ等の問題もクリアしなくてはいけません、カナダで働くためにもいくつか条件を満たす必要があります。
手続きなどの面も必要になってきますが、最初に知っておきたいことは他にもあります。 カナダで就労するというのがどのようなものになるのか、という点です。 そこで利用したいのが、日本でもすでに就活で知られている、インターンシップを利用した手段です。

カナダでのインターンシップついて

日本でも職業体験の機会としてインターンシップ制度は実施されていますが、カナダでもインターンシップは広く普及しています。 学生として渡航し、語学学校の仲介で紹介してくれるところもあるので、インターンシップがしたいと考えている人はそうした情報も調べておきましょう。
ですが一口にインターンシップが出来ると言っても、そうした問題に抵触した際に一番気がかりとなるのがビザの問題です。 ある学生の体験談でいうと、アメリカでインターンシップをしようと渡航した時、取得していなければならない専用のビザを持っていなかったため入国できなかった、という話も実際あります。
ではカナダの場合、そうしたビザの問題などはどうなっているのでしょう。

無給と有給で異なるインターンシップ

インターンシップについて一度体験した人も多いでしょうが、その半数以上が「職業体験」という名の下で行われているため実質の労働ではないとみなされ、無給での奉仕活動をすることになります。 中には有給が生じるものもありますが、留学先でのインターンシップとなるとまた意味合いが違ってきます。
では学生が渡航先であるカナダでインターンシップをしたいと考えた時にビザの問題はどうなるのかというと、無給のインターンシップであれば学生ビザはもちろん、観光ビザでも就労することが容認されています。 語学学校に入学しながら現地で就業するとはどういうことかを学ぶ、留学だからこそ出来る醍醐味となっています。
有給では働けないのかと、そう思っている人もいくらかいると思います。 そうした方にはインターンシップではなく、ワーキングホリデービザを利用した方が便利です。

インターンシップとワーキングホリデーの違い

同じように見えて、実は全く異なるインターンシップとワーキングホリデー。 どちらも職業体験という意味合いに相違ありませんが、根本的な部分で意味合いが別となります。 ではどのように違っているのでしょう。

インターンシップ

インターンシップは無給であれば学生ビザ・観光ビザのどちらでも就業することが出来ます。 一般的に言われているインターンシップはこちらの意味で考えられています。中には有給のインターンシップ留学も用意されていますが、カナダでは基本的にホテルでの住み込みを指しています。
カナダ国内の企業で就業体験をしたいと考えているなら、必然と無給インターンシップに申し込むことになります。 有給じゃないことを辛いと感じる人も多いですが、論点はそこではありません。

ワーキングホリデー

ワーキングホリデービザとは、カナダで就労する事が出来るビザになります。 1年間という時間を利用して、カナダ国内で働けるビザとなっています。 働き先は主にレストランなどの飲食店が中心で、日本のアルバイトとよく似ているのが特徴です。 また大きな魅力といえば、滞在する都市はカナダであればどこでも良いというのもあるので、何処で働くかを自分で選べるため観光も同時に出来る利点があります。

キャリアを積む

インターンシップの目的は金銭的な受諾を受けることに目的の比重を置いているのではなく、就業体験という経験に基いて行われています。 普通なら出来ない業務も出来る機会に恵まれ、人生経験として大きく左右することもあります。 ワーキングホリデーを利用した経験も大きく人生観に影響を及ぼしますが、インターンシップ留学ではひと味違った出来事に恵まれています。
より自分を成長させたい、そう考えている人にインターンシップ留学をオススメします。

オーストラリア留学ならセレッソ