「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないカナダ留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本と現地スタッフの充実サポート!!

カナダの教育制度

カナダの教育制度

カナダの教育制度

カナダは教育先進国であることもあり、日本と同様に義務教育は12年間となっています。カナダではほとんどの大学が州立大学となっているため、地元の人にとって学費はそこまで高くない上に、どの大学でもレベルの大きな差はありません。日本からの留学生が通う学校としては、私立の語学学校か大学付属の語学学校になりますが、カナダは住みやすい街として知られていることもあり、世界中の留学生を受け入れています、したがって語学学校もかなりの数が設立されています。

現地の義務教育

現地の義務教育

カナダの義務教育期間は12年となり、Elementary School、Junior High、School、Senior High Schoolに分かれています。その後は大学進学が一般的となります。大学進学をしない人はコミュニティー・カレッジとよばれる職業訓練を受けられる教育機関に通うことができます。様々な分野において専門知識を学ぶことができますので、すぐに就職を目指す人はコミカレへ進学するということが一般的です。

留学生のための教育制度

語学学校

カナダの留学生にとって最も多い選択肢が私立の語学学校に入学する方法となります。基本的には毎週月曜日から英語のグループ授業が始まります。初日はオリエンテーションで学校や地域のことを教えてもらうことができます。入学条件がなく、英語を学びたい人であれば年齢や成績関係なく入学することが可能です。世界中の様々な国から留学生が訪れているため、友達ができやすいのも特徴です。コースも学校によっては様々なものが用意されているため、一般英語コースや試験対策など幅広い選択肢に恵まれています。

大学

カナダの大学も日本と同様に4年で学士号を取得ということになります。カナダの大学ではTOEFLの点数を求められるため、高いハードルとなりますが条件付入学という語学学校で1年間授業を受けながら教養科目の単位を取得し、2年次から編入が可能なプログラムがあります。また、カナダの大学付属英語コースに入学すると進学がスムーズになります。

専門学校(カレッジ)

カナダでカレッジというと、短大というよりは専門大学といった高度な技術を学ぶ場所になります。ほとんどの卒業生は卒業後すぐに就職して働き始める人が多く、カレッジ自体は1~2年で卒業することができます。留学生に対する入学条件も厳しくなく、英語力が十分であれば入学が可能な場合があります。

 

オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話