健康診断(eMedical)の受診

健康診断(eMedical)の受診方法

健康診断(eMedical)の種類を指定と連絡のタイミング

ワーキングホリデービザ申請後、移民局から連絡があり、健康診断の種類を指定されます。
連絡が多い代表的なパターンとして、以下のような記載がされていることが多いので参考にしてみて下さい。

オンライン申請直後に画面が表示されるパターン

オンライン申請直後に下記の内容が表示された画面に切り替わって、X線検査(NZIS 1096)が指定されます。
提出期限について明記していないこともありますが、オンライン申請後15日以内の受診となります。
20

申請直後に自動返信メールが来るパターン

オンライン申請の数分後、【THIS IS AN AUTOMATED MESSAGE – PLEASE DO NOT REPLY】とだけ記載されたメールが届きますので、添付されているDocファイル内で15日以内にX線検査(NZIS 1096)を受診するよう要請されます。

申請の数日後に担当者からメールが来るパターン【A】

申請の2~3営業日後に、移民局の担当官から以下のようなメールが届きます。 届いたら、15日以内にX線検査(NZIS 1096)を受診するよう要請されます。

上記で「You are not required to do anything.」と記載されているとおり、受診した後はビザの発給まで待ちます。

申請の数日後に担当者からメールが来るパターン【B】

パターン【A】のメールにNZER numberの扱いが追加されたメールが届きます。

eMedical will generate an information sheet with a unique NZER number. You must obtain this sheet from your panel physician, scan and e-mail it to me within 15 consecutive days from the date you submitted your application.

NZER numberについての記載がある場合、15日以内にX線検査(NZIS 1096)を受診して、且つその際に指定医から渡される「NZER numberが書かれたシート」をスキャンして、担当者へメールを返信します。

移民局からは上記で紹介したいずれか、或いは数種類の組み合わせでの連絡がほとんどとなります。 場合によっては「General Medical Certificate(INZ1007)」を指定される事もあります。 その場合にはX線検査ではなく、血液検査を含む総合健康診断を受診しなくてはいけません。

ここまでの流れのおさらい

  • 健康診断の混雑具合をチェック。
  • オンライン申請を終える。
  • 健康診断の種類を確認する。
  • 指定医に連絡して、健康診断の予約をなるべくすぐ入れる。
  • オンライン申請から2~3営業日以内に移民局の担当者が決まり、連絡があります。
  • 担当者から連絡を確認した後、健康診断を15日以内に受診するよう、指示されます。
  • そのメールで「NZER 番号をスキャンして、メールを返信して」と言われることもあります。

オンライン申請から5営業日経っても移民局の担当者が決まらず、健康診断の種類を指定する自動返信メールも来ない時は、移民局専用のアドレス(workingholiday@mbie.govt.nz)に問い合わせて、状況を確認して下さい。

迷惑メールボックスの確認

この段階に来てもメールが届かない場合、迷惑メールとして振り分けられている可能性が高くなります。 もし移民局からのメールが届かない場合は、迷惑メールボックスを含めて全てのメールボックスを確認して下さい。

指定医(Panel Doctor)について

健康診断(eMedical)はニュージーランド移民局から、指定された病院で受けて頂きます。 指定医以外での検査結果は全て無効となりますので、ご注意下さい。
現在、日本国内には以下の6医院が登録されています。

指定医師はこちら

近くに指定医がない場合は、ご自宅から近いところで受診しましょう。 また住んでいる場所と受診する地域が遠くても、指定医であれば何処でも受診出来ますので、ご都合に合わせてご利用下さい。

オンライン申請と健康診断(eMedical)の具体的な流れ

以上を踏まえて、ビザ申請と健康診断の受診は以下の流れで行っていきます。

  • オンライン申請で必要な情報をすべて記入した後、申請直前でセーブします
  • 指定医へ電話して、直近で予約可能となる直近の日はいつか確認します。
  • 応対の際、健康診断の種類について訊かれますので「Chest X-ray Certificate(胸部レントゲン)のみ」と指定します。
  • 予約が取れる日を幾つかリストアップしてもらい、一旦電話を切ります。
  • もし2週間先まで予約が取れない場合は、予約が取れるようになるまで待ちます。
  • 10日以内に受診できる場合は、電話を切った後すぐに移民局サイトへログインしてオンライン申請を完了します。
  • 申請直後の画面で【Chest X-ray Certificate】を指定されている方は、見落としがないように注意して下さい。(上記の「申請直後に画面が表示されるパターン」をご参照下さい)
  • もしくはビザ申請後、10分ほど待ってから自動返信メールを確認し、受診している場合は「Chest X-ray Certificate」を指定されている旨を確認します。(上記の「申請直後に自動返信メールが来るパターン」をご参照下さい。 メールが迷惑メールに振り分けられていることもあるので、全てのメールボックスを確認して下さい。)
  • 【Chest X-ray Certificate】や【INZ1096】が指定されているのを確認したら、改めて指定医へ電話をして、健康診断の予約を入れます。
  • 2~3営業日後に、移民局の担当者からメールが届きますので、ここで改めて健康診断についての情報確認が行われます。

ワーキングホリデービザ申請時には、「オンライン申請後、15日以内に健康診断書類を提出すること」という移民局のルールを必ず把握して下さい。 トラブル無く進めるため、焦らずゆっくりと着実に手続きを進めていきましょう。

健康診断(eMedical)を受診する際の持ち物、検査費用

どの指定医でも共通してパスポート原本が必要となりますので、必ず持参して下さい。 またその他提出書類や検査時間、検査費用など若干の違いがありますので、受診予約の電話で詳細を確認します。(一般的な検査費用は1~2万円となります。)

健康診断もオンラインで

eMedicalの診断結果については、指定医が移民局に提出するので、診断結果を受診者が受け取る事はありません。 受診後はビザの発給を待つだけとなります。
ただし移民局担当者からメールで、「NZER number」の提出を要請されている方は指定医に告げて、NZER numberが記載されているシートを受け取って下さい。

健康診断受診後の流れ

指定医で健康診断を受診した後、数日以内にeMedicalからメールがあります。

件名 : PRIVATE AND CONFIDENTIAL – Health Results Submitted for NZER: N000******

THIS IS AN AUTOMATED MESSAGE – PLEASE DO NOT REPLY

You have received this message because you have recently undertaken a health examination as a requirement for your New Zealand visa application.You advised at that time that you wished to receive confirmation when your health examination has been completed.

Your health examination has now been completed and submitted to Immigration New Zealand (INZ).

Your health examination results show no abnormal or significant findings. This does not necessarily mean that you have an acceptable standard of health for the purposes of your visa application. INZ will contact you if it has any concerns and requires further information about your health.

・・・(以下略)・・・

このメールは移民局からの連絡ではなく、eMedicalから「ニュージーランド移民局に対する健康診断書の手続きは完了し、NZ移民局への書類送付も完了しました」という旨のメールです。
前述のNZER numberについて、このメールの件名内でも確認することが出来ます。
上記のメールが届いた場合、診断結果は「異常や重大な問題点は無し(no abnormal or significant findings)」となります。
その後に続く文章では、「但しこれはあくまで診断結果の報告となりますので、ビザ審査の【健康に関する条項】にパスしたという証明にはなりません。 もしビザ審査をする際、追加で何かしらの診断が必要になった場合はNZ移民局が個別に連絡をしています」と書かれています。

こちらのメールが届いた後は移民局からのメールを確認し、移民局のサイトでログインした後、表示されたデータに変更がないか確認をします。 この時点で特別しなければいけないことはありません。

担当審査官からのメールが時差で届くことも

オンライン申請から診断まで時間が短い場合、受診後に移民局の担当者が決定した後にメールが届きます。
そのメールで改めて「15日以内にこの健康診断を受けて下さい」と指定されますが、既に健康診断を受けていたら、特にすることはありません。

その他ビザ関連も併せてお読みください