「未来につながる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

カントリーモール周辺エリア

セブ市には数多くのショッピングモールが点在しています。SM・パークモール、アヤラモールといった具合に様々な人が連日のように訪れています。生活用品を購入する場所としての利用はもちろん、食事をするための場所として、または娯楽を求めてやってくるといったように様々な利用がされています。そうした立ち並ぶショッピングモールの1つ、セブ市にあるSMと同程度の広さを持っている「カントリーモール」もまた同市内においては知らぬ人はいないと言われるほどに巨大なショッピングモールとなっています。 日本で言うところの総合デパートという品揃えとなっていますが、広さは段違いでセブ市のショッピングモールの方が広いです。このカントリーモールにしても、留学生など初めてセブ市に訪れた日本人は確実に迷子になってしまうレベルなので、赴く際には注意が必要です。 カントリーモールと呼び親しまれているこちらの店舗についてですが、正式名称は『ガイサノ カントリーモール』というのが本来の建物名になっています。モール一帯はセブ市の中でも富裕層が特に住んでいる地区となっており、高級住宅街や高級コンドミニアムなどが立ち並んでいます。 そんなエリアには「Welts」・「UV ESL」・「TARGET」といった語学学校が点在しています。そうなると物価が高めなのかと気になる人もいるかと思いますが、カントリーモール事態は中流層の品揃えと値段になっているので、お手頃価格で商品を購入することが出来ます。

隣接するショッピングモール

カントリーモールは周辺地域に住んでいる人たちにとって重宝している、というのは変わらない事実です。ですが他にも買い物をしなければならない人はたくさんいます、中でも富裕層の人たちについては特に品を厳選している人もいます。留学生として訪れた人の中にも、普段の食事は抑えるとして必要経費と言えるものに関しては安く済ませたくないと考えている人もいるでしょう。そうした方にはカントリーモールのすぐ隣接する場所にて展開している、「バニラッドタウンセンター」での買い物がおすすめです。 こちらはアヤラモールのようにフィリピンの中ではいい値段ながら良質の品を多く取り揃えていることで有名なショッピングモールとなっています。規模はカントリーモールよりも断然に小さいですが、その分だけ取り扱う商品のクオリティに自信があることの現れとみていいでしょう。せっかくだから良いものが欲しい、そう考えている方にはバニラッドタウンセンターでの買い物をオススメします。

在日人も多いエリア

カントリーモール周辺には地元の富裕層だけでなく、日本人を始めとした海外からの移住者も多く住んでいるのが特徴的です。中でも日本人にはこの辺り一帯には日本の味が懐かしめる、本格的な日本食屋が多く店舗展開をしています。一流とまで言われるほどに味のクオリティも高いので、一度は足を運んでみたいところですが、予算的な面でも非常にリーズナブルなお値段で利用できるので、留学期間中はぜひ足を運んでみたいエリアとなっています。ただそれも頻繁に訪れていたらかなりの経済的負担になってしまうので、節度を守って利用しましょう。 高級飲食店もそうですが、他にも日本で購入できる日本でしか売られていないスーパーもあるので、留学生はもちろん在日人には欠かすことの出来ない存在感となっています。

周囲の治安について

高級住宅街もあるこの周辺での治安についてはセブ市の中では一、二を争うほど安定していると断言していいでしょう。中でもマリア・ルイーサといった高級住宅街については警備のレベルは断然高いです。留学生が訪れるとした観光や勉強も兼ねてのことになってしまいますが、周辺一帯の安全さは他地域とは比べ物になりません。 比較的安全が保証されていると見られる場所でも、注意してほしいのがこちらもカントリーモールなどからは近い場所に位置している「アッパス」と呼ばれる地域にはなるべく近寄らないようにしましょう。 危ない場所には近寄らないようにする、この鉄則だけはどんなことがあっても守らなくてはいけません。

周辺のお店情報

値段について

高級住宅街が隣接し、更に日本食を取り扱うレストランが多く並んでいるためセブ市からすると一見物価が高いのではと心配する人もいるでしょう。特に留学生は日々、勉強をしなくては行けないわけですから、観光をする時間は殆どありません。街を歩く機会はあっても、食事の用意をする時間まで用意していたらいくらゆとりを作ろうとしても日々は忙しく過ぎていきます。忙しいとつい、外食をしたくなってしまいますが、毎日していたら金銭的な負担は免れません。しかもこのカントリーモール周辺だと大変なことになってしまうのでは、そう思っている人も多いでしょう。 確かに毎日自炊をしないで食べ歩いていた場合には、負担が伴ってきてしまいます。ですがたまの週末に出歩くという程度に済ませれば問題ありません。また物価にしてもカントリーモールはアッパス地区に住む人たち向けにリーズナブルな値段で購入できる商品が多くあるので、こちらで買い物をすると節約にもなります。 バニラッドタウンセンターでの買い物は日用品の中でも消耗品ではないものを購入する、といった具合に決めているといいでしょう。それでも極端に高いというわけではないので、節度を守っていれば忙しくも充実した留学生活が送れます。そんな生活を後押しするため、オススメのお店をカテゴリー別に分けて紹介していきます。

カントリーモール

カントリーモール

レストラン

お福さん

お福さん

カントリーモール内にも日本食レストランがあり、地元の人達というよりは在留している日本人が多く訪れていると評判のお店として「お福さん」があります。店内の様相や提供されているメニューに関しても、日本人なら馴染み深いが提供されています。値段についても平均300ペソほど用意していれば、満足できる食事が楽しめます。 日本食が恋しくなった、そんな時に訪れると良いかもしれません。

マングイナサル

マングイナサル

手頃な価格で楽しめるレストランとして、こちらの「マングイナサル」もおすすめとなっています。原点はグリルチキンを販売するファストフード店で、フィリピンではこうしたお店はとてもメジャーとなっています。人気の秘密は「UNLI RICE」という表示があるメニューを注文した際には、ご飯は何回でもおかわり自由というサービスです。こちらは男女関係なく利用されており、値段以上におかわりをする人がいるほど。料理にもよりますが、100ペソ前後でおかわり自由のご飯となれば、元を取る以上でしょう。 もちろんご飯がおかわり自由でもお肉は有限ですから、計画的に食事をすれば満足出来ます。

専門店

チョウクス

チーズケーキ レストランとはまた違いますが、日本人観光客はもちろん、留学生も一度食べたら病みつきになって訪れたくなるお店があります。「チョウクス チーズケーキ」と言われるお店で、こちらではシュークリームが大人気となっています。テイクアウトはもちろん、品揃えであるシュークリームはどれも日本人が日本で食べたことのあるシュークリームの味になっているので、リピーターも多いとのこと。 フィリピン人にも大人気で、近郊にあるセブ大学の学生が頻繁に訪れているとのこと。値段も100ペソもあればたくさん購入できるので、満足できます。

デパートも

専門店としての意味合いでは、カントリーモール内で取り扱っている商品の種類は規模に見合って豊富に揃っています。フロアごとに男女別の衣料品が用意されているので、日常生活を過ごすにあたって必要になったものは、一式こちらで揃えられます。ブランド品ではなくても問題ない、という方には手頃な価格で購入できます。

日本食屋エリア

レストラン

筑前屋

筑前屋

日本食が楽しめるエリアとしても知られているこちらで、ぜひ留学期間中に訪れておきたい日本食料理屋の1つに「筑前屋」を挙げなくては話が始まりません。リーズナブルな値段、日本よりも下手すれば安いかもしれない品揃えとなっているので、在留している日本人はもちろん、現地の人も足を運んでその味に舌鼓を打っているとよく耳にします。中でもこちらで提供されている商品の中で一番のメインは、鍋料理です。野菜が不足しがちなフィリピン料理が続く中で、野菜をふんだんに使用する鍋物を求めて訪れる人も多いとのこと。 一度の食事で使用する予算は多くて800ペソとやや割高になっていますが、一月に一度、もしくは帰国前の晩餐として訪ねてみてはいかがでしょうか。

一力茶屋

一力茶屋

筑前屋と同等、あるいはそれ以上と言っても良い料理の品質に、更にはスタッフのサービスなども含めて、一度訪れた人が何度も足を運びたくなるお店としてこちらの「一力茶屋」が挙げられます。値段的なもので言えば、筑前屋よりも高めの1,000ペソ程度まで掛かることもあります。留学生が毎日頻繁に訪れるというのは難しいですが、いつ来てもその品質に安心できることで知られる超有名な日本食料理店となっています。 店内は落ち着くクラシックなデザインとなっているので、どこか格式が高い雰囲気はありますので、何か特別な時に利用すると良いかもしれません。

呑ん気

呑ん気 鉄板焼

鉄板焼 鉄板焼きが楽しめるお店として、こちらも筑前屋・一力茶屋と同じく定評のある日本食料理店として「呑ん気 鉄板焼」も有名です。鉄板焼きの商品もありますが、アラカルトメニューとなっているので日本人には嬉しい内容となっています。また訪れた時に、鉄板焼を担当している方に掛け声などをするとパフォーマンスを披露するといったサービスが行われます。もちろん静かに食べる事もできるので、必ずしも盛り上がらなければならないというわけではないので、安心してください。 予算的な面でも、先に紹介した二店と同じ800~1,000ペソほどの料金が一回の食事にかかりますので、頻繁に訪れるのではなく、二週間に一度といった程度に来店してみてはいかがでしょうか。

カントリーモール周辺エリア周辺の語学学校

サービスの良さが自慢の人気校! 教育者が経営する日系の英語学校!

TARGET
アップダウンエリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・定評のサービス
・全14室の1人部屋
・1日最大8コマのマンツーマンレッスン授業。
・日本人スタッフ常駐・日本語表記で万全のサポート体制
・3週間以下の短期留学の方限定で、月曜初日午後から授業開始(他校は火曜から授業開始)。
・日本人のキッチンスタッフが食事をつくるため、日本人の味覚に合う食事を提供可。

正直POINTここがちょっと気になる

・日本人比率が高い

世界一周・ワーホリ・海外就職を目指す人を応援する英語学校。

CROSSxROAD
セブ郊外エリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・世界一周、ワーホリ等に関する相談ができる。
・世界一周経験のある夫婦が運営。
・海外就職情報に強い。
・完全オーダーカリキュラム。
・事前に学習計画や英語学習をSkypeでサポート。
・ゲストハウス風の校舎で、アットホームな留学生活。
・専用プール、バスケットコートあり。

正直POINTここがちょっと気になる

・日本人のみ
・一部、共有トイレ・シャワーのお部屋もあり

実績と経験のあるセブ屈指の老舗校 真剣に英語力を身に付けたい学生が選ぶセミスパルタ式カリキュラム!

CIA

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・セブシティにある老舗のセミスパルタ校
・自習室に講師がいる
・日本人比率約30%

正直POINTここがちょっと気になる

・WiFiが弱い
・良くも悪くも管理がしっかりしている

カントリーモール周辺エリア周辺情報

ご不明点ございましたらお気軽にお問合わせ下さい

※電話受付時間:9:00~18:00

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話