「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

SM・パークモール

セブ島のセブ市において、最も大衆的な歓楽街は何処なのだろうと思う人は多いでしょう。アヤラモール、並びにITパークと言った場所は外資系企業の進出も相まって、地元の人でも富裕層と呼べる人たちが多く集まっています。その為一般的なフィリピン人が集まる場所だとは中々言いきれません、もう少し分かりやすくセブ島のことを知りたいと言う人にオススメなのがSM・パークモールなどが集まるエリアに行ってみるといいでしょう。 この地域には「CEBU JIC」・「Cebu English Academy」・「SMEAG Classic」といった語学学校があり、こちらに通うことになる人は周辺事情についてよく知っておかなくてはいけません。留学生としてこの近郊での活動が基本となる人たちが知っておきたい、基本的な情報から紹介していきましょう。

二大ショッピングモールの存在

SM

SM

まずこのエリアの代名詞であり、同時に地元の人達から長年愛され続けていると言っても過言ではない「SM」についてです。SMとは「シューマート」の略語で、創業者が靴を売り始めたことがすべての起源となっています。創立して以降、セブ島にとってなくてはならない存在となり、多くの人が連日こぞって足を運んでいます。アヤラモールとの違いについてですが、シューマートは安価な値段で商品が取引されているため、とてもリーズナブルだという点でしょう。 もう一つ違いを上げるとするなら、シューマートはセブ島内のどのショッピングモールよりも巨大だという点です。アヤラモールも大きいですが、それ以上に大きいため一日でモール全てを回りきるのは不可能となっています。留学生にすれば学校付近で買い物をする主流の場となっているので、頻繁に訪れて買い物をすることになると思います。大きすぎるので、最初の内は何を買うか、最低限考えてから訪れるといいでしょう。

パークモール

パークモール

続いてSMから自動車で10分ほどの距離にある、こちらも同エリアでは有名なショッピングモールとして知られているのが、「パークモール」もその1つです。SM・アヤラと比べると規模はそこまで大きくありませんが、パークモールには他2つのモールとは違った特徴を持っています。それはこちらのモールがファミリー向けだという点です。 パークモールには子供用のプレーエリアが設置され、モール内にはおもちゃ屋さんがあるなどして観光客はもちろん、地元の人達も家族連れで訪れています。またモール内では週末になればイベントが催されて活気に溢れ、いつも賑わっています。館内には映画館などのアミューズメント施設もあるので、祝日などは大変込み合うのも特徴の一つとなっています。 また日本では通常考えられない、コピー商品を取り扱っている店舗が多くあります。そういった意味でも何かと話題を集めているので、留学生として訪れているなら勉強の息抜きがてらに訪れるといいでしょう。

治安について

ショッピングモールということで不特定多数の人たちが押し寄せる施設なので、非常に活気にあふれています。昼間に行動しているのであれば多少なりとも1人で行動しても危険には見舞われる可能性は低いです、けれど基本的に集団行動をしているに越したことはありません。近くにダウンダウンがあるものの、日が高い内は軽薄な行動をしなければ事件に巻き込まれる心配もありません。 注意点としては、大勢の人が集まる中でスマホなどの端末を操作しないことです。フィリピン国内では貴重品となっているので、持っているだけで盗難の被害に合う可能性が高くなってしまいます。絶対に安全だ、などと断言はできませんがそれでも行動する分には最新の注意は払いつつも楽しく過ごすことが出来ます。

エリア周辺のおすすめショップ

値段について

アヤラ・ITパーク方面では富裕層の人々が利用する機会も多く、また留学生などからも豊富でかつ日本から輸入した品がたくさんあるからと利用している人が多いです。ただその分だけ物価が安いと言われる中では、国内のマーケット事情などを比較してみるといくらか割高になっています。ブランド商品もあるので、中流以下の暮らしをしているフィリピン人にとっては高いという認識を持っています。 ただ留学生にしてもそれは例外ではありません。留学中、現地でアルバイトなどして稼げればなんとかなる、そう考えている人もいるでしょう。ですが語学学校の中にはアルバイトはダメだと禁止しているところもあります。ワーキングホリデーで訪れている人は例外としても、留学生は異国の地で語学に触れて生きた英語を学ぶことに本懐があります。そのため日々の生活において外食は極力控えて節約を心がけなくてはならない、そうしている人はとても多いのです。 一日に使うお金を抑えたい、自炊を徹底するとはいえど、やはりたまには外食をしても良いでしょう。そうした時、アヤラモール付近のレストランに行くのもいいですが、少し離れたSM・パークモール付近にも足を運んで見るというのはどうでしょうか。 大きく値段が変動するわけではありませんが、手頃な価格でお腹いっぱいに食べられる、または良質なお土産などが買えるお店がたくさんあります。ここでは一部ですが、オススメ店舗を紹介していきましょう。

SM周辺おすすめのお店

レストラン

ムーンカフェ

ムーンカフェ

SM周辺にあるお店、と言えばやはりこちらに訪れないといけないでしょう。セブ市に複数店舗の展開もされている「Mooon Cafe」には何度もお世話になった、という人もいるでしょう。予算も一回の食事に付き150ペソ程度で済ませられるので、お金はかけないで外食をしたいと言う際にこちらの利用は外せません。本来はメキシコ料理ではありますが、国内の需要に合わせてフィリピン人が楽しめるように味の調整が行われています。国内でも屈指の人気を誇る有名レストランとなっているので、近くにやってきたら足を運んでみてもいいでしょう。

ゴールデンカウリー

ゴールデンカウリー

低価格でかつお腹いっぱいに食べたいと考えるのは普通のことでしょう。ただせっかく留学生として貴重な海外渡航となれば、まずはその国の料理を食べたいと考えるはずです。フィリピン料理とは何ぞやという疑問を持っている人もいます、百聞は一見にしかず、だったら食べてみてはどうでしょうか。SMのモール内にはムーンカフェ同様に手頃な値段で食事が出来て、かつフィリピンの郷土料理を食べたいという人にオススメとなっています。

スパイスフュージョン

スパイスフュージョン

SM内にあるレストランの中でもとりわけ人気が高く、留学生のみならず観光に訪れた日本人からも好評と言われているお店があります。「スパイスフュージョン」という中華料理をベースにしたアジア・エスニック風の料理が楽しめる店舗となっています。予算は300ペソを基準としているので、やや高いと感じる人もいますが味に見合った料理が堪能できます。

ショッピング

ブックセール

ブックセール

日本ではリサイクルという言葉が広く浸透しています、また店舗展開しているところも多くなっています。その1つである古本を取り扱っているお店は日本全国に展開していますが、セブ市ではそうしたリサイクルショップはあまり見かけられませんが、SM内に「ブックセール」とそのままの名称が用いられている古本屋さんがあります。取り扱っている本は前編英語となっているので勉強にもなります。語学勉強を兼ねて訪ねてみると良いかもしれません。

エースハードウェア

エースハードウェア

アメリカに本社を置くホームセンターの系列店がここセブ島にもあります。ホームセンターなんて行く機会なんかあるのかと、早々に疑問を感じる人もいると思いますが、訪れるだけで意外と便利なアイテムがたくさん売られています。留学生活をしていると度々物入りとなったりしますので、そうした際に訪ねてみても良いかもしれません。人によっては休日の気分転換と、何時間も過ごす人もいたりします。

Duty Free

Duty Free

SM内にはやはりというべきか、あるところにはある免税店もあります。「Duty Free」と呼ばれるこちらのお店はモール内の大きな黄色のゲートが目印となっています。出国前でしか購入はできないのであまり時間はありませんが、購入時にパスポートを持参すると購入できるので忘れないようにしましょう。

パークモール周辺おすすめのお店

レストラン

ペルシアン カバブ タンドリー

ペルシアンカバブタンドリー

ペルシャ料理を提供しているお店として、こちらもセブ市内では人気を集めているレストランとなっています。ペルシャ料理と聞くと馴染みがない人が多いと思います、一見するととても辛そうに見えます。心配する必要は何処にもなく、むしろ留学生にとっては心強い味方となっているのです。元々ふんだんに野菜を使用する料理で、しかもこちらの店舗を運営するオーナーさんがベジタリアンとだけあって、脂っこい料理が多いフィリピンにおいて野菜を多く摂取できる貴重な飲食店となっています。

デイヴィッド ティー ハウス

デイヴィッドティーハウス

パークモール周辺に新しく出来たばかりの施設、シティータイムスクエアという施設内にある中国料理「デイヴィッド ティー ハウス」も留学生にオススメの店舗となっています。中国料理は日本人にも愛されているので、たまにはと足を運んでみるのも悪くありません。ただ若干、塩っけが強すぎるのでオーダー時に少なめにしてもらうなどの注文を出すとちょうどいい塩梅になるかもしれません。

シャブウェイ

シャブウェイ

日本料理が食べたい、少し高くてもいいから何かないかと思っている人にはパークモール内にある「シャブウェイ」を紹介します。予算はあまり安くはないものの、値段に応じた分の料理が出てくるので、非常に満足できるようになっています。日本でも肉の量が足りないと、度々話している人もこちらのしゃぶしゃぶを食べてしまうと日本で食べるしゃぶしゃぶでは満足できなくなってしまう、かもしれません。

ショッピング

クルテュラ

クルテュラ

ショッピングをするお店としてここほど有名なお店はないでしょう。フィリピンの伝統工芸品などを多く取り扱っている有名なお土産屋さんとして知られているこちらは、観光客はもちろん、留学生にも帰国前に購入されていく方がとても多いお店となっています。また普段使いも出来る商品も取り扱っています。セブ島の環境に合わせた商品が多いので、サンダルなどといった普段から使用する頻度が高いものはこちらで購入する、といった具合に決めるのもいいでしょう。

SM・パークモール周辺の語学学校

3キャンパスを持つ大型校!!IELTSスコアアップが目的ならSMEAG Classicがお勧め!!

SMEAG Classic
ミッドタウンエリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・とにかくIELTSスコアを伸ばしたい ・システム化された大きな規模の学校 ・ゴルフやジムなど充実した付加サービスを希望 ・とにかく安く滞在したい(5人部屋滞在など) ・日本人対応で安心できる留学

正直POINTここがちょっと気になる

・学校授業システムが複雑

アットホームな雰囲気でのんびりと留学したいならCEBU JICがお勧め!! 2大ショッピングが近いく利便性が良い

CEBU JIC
アップダウンエリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・2大ショッピングが近いく利便性が良い ・アットホームな雰囲気 
・日本人割合が低い ・韓国人と仲良くなりたい ・虫が出なく清潔
・静かな環境 ・格安で留学できる

正直POINTここがちょっと気になる

・韓国系の食事が多く辛め

イングリッシュオンリーポリシーを徹底!スピーキング重視の融通性のある学校

Cebu English Academy
アップダウンエリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・寮とクラスルームが同じ建物内 ・日本人対応で安心できる留学 ・イングリッシュオンリーポリシーの徹底
・スピーキング重視

正直POINTここがちょっと気になる

・街中のためやや騒々しい ・建物がやや古い ・インターネットが繋がりにくい

フィリピンを代表するセブ医科大学の付設校で安心・充実の留学

CDU ESL CENTER
セブ郊外エリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・セブ医科大学の付設校。
・現地の医学生との交流ができる。
・医療英語コースが受講可能。
・EOP(English Only Policy)エリアあり。
・オーストラリア、ニュージランドのグループ校へ2ヶ国留学。
・大型ショッピングモールが近い。
・学校内にマッサージショップがある。

正直POINTここがちょっと気になる

・Wi-Fiが弱い場合あり。
・辛い食事が多め。

豊富なカリキュラムでスピーキング力アップ!

IDEA ACADEMIA
アップタウンエリア

オススメこんな留学をご希望の方にお薦め

・1人ひとりの英語力、習得目的にあわせた豊富なカリキュラム。
・マンツーマンが最大8コマまで受講可能。
・セブ中心部に立地し、利便性が高い。
・ホテル寮、外部寮ともに無料送迎あり。
・IELTSに特化したコースあり。
・フィットネスルームやヨガクラス(オプション)あり。
・ホテル寮はジム、プールも利用可能。

正直POINTここがちょっと気になる

・Wi-Fiが弱い場合あり。

SM・パークモール周辺情報

    周辺の飲食店

ニセコ留学 お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話