「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

フィリピンのビザについて

フィリピンのビザについて

フィリピンに渡航する場合は、ビザはどのように取得したらよいのでしょうか。フィリピンには観光ビザ、学生ビザ、就労ビザなど目的や用途に合わせた様々なビザが14種類あります。ここでは、主に留学生がどのようなビザを取得すればいいのか、ビザ以外には何が必要なのかを説明したいと思います。

フィリピンの留学で使用するビザ種類

ビザなし
(有効期間30日以内)

日本人の留学生がフィリピンへ渡航する際は、ビザが必要ありません。こちらは特に事前の申請は必要がありませんが、フィリピンに渡航する際には30日以内にフィリピンを出る往復の航空チケットが必要となります。また、パスポートも有効期限は滞在日数+半年以上が必要となります。こちらは滞在許可については学校で留学期間に合わせた延長代行を行っているところがほとんどです。

観光ビザ
(有効期間59日以内)

フィリピンの観光ビザについては、フィリピン大使館で取得することが可能です。ビザ発給から3か月以内に入国する必要があるため、注意が必要です。

学生ビザ

フィリピンの教育機関で学ぶ際に必要となるビザです。語学学校の場合は必要ありませんが、高校や大学進学をする際に学生ビザの申請が必要となります。

 

フィリピンへ語学留学する人が取得するビザは?

フィリピンへ語学留学する場合は、ビザなしで渡航することが一般的です。大使館であらかじめ観光ビザを取得することも可能ではありますが、実際に取得しようとすると必要書類など手間がかかってしまうため、基本的にはそのままフィリピンへ渡航し、現地で滞在を延長するという手続きが一般的です。現地で延長する場合ですが、基本的には語学学校のスタッフが代行しますので面倒な手続きをする必要はありません。

その他留学生に必要なもの

SSP (Special Study Permit)

SSPとはフィリピンに留学する学生が必ず取得しなくてはいけない許可証であり、こちら数日間であっても取得が必要です。語学学校も例外ではなく、語学学校ごとに許可証が必要なため転校するごとに新しく取得が必要です。

ACR(Alien Certificate of Registration)

59日間を超えてフィリピンに滞在する人すべてが対象となるもので、身分証明書をカードというかたちで発行することができます。こちら身分証明書としても有効なため、持っておくと便利です。学校スタッフが発行してくれます。

ECC(Emigration Clearance Certificate)

6か月以上滞在する人が発行しなければいけないもので、犯罪歴の有無やブラックリストに載っていないかなどを確認するものになります。これがないと出国できないため、必ず事前に取得しておく必要があります。