「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

海外旅行保険まとめ

留学&観光に必須!海外旅行保険まとめ

観光や留学へ行く際に必ず必要となる海外旅行保険。

pic1

慣れない海外でアクシデントに巻き込まれたり、事故にあったり、体調を崩したりすることは珍しいことではありません。現在、海外の医療機関では日本語対応のヘルプデスクが充実していることもあり、キャッシュレスかつ日本語で通院や入院ができる場所も増えています。ここではメジャーな海外旅行保険についてご紹介します。

フィリピン(セブドクターズ)のジャパニーズヘルプデスク対応の保険

三井住友海上
URL:http://www.ms-ins.com/

ジェイアイ傷害火災
http://www.jihoken.co.jp/

損保ジャパン
http://www.sjnk.co.jp/

AIU
http://www.aiu.co.jp/

エース損保(現在Chubb損害保険株式会社に改名)
https://www2.chubb.com/jp-jp/

セコム損保
https://www.secom-sonpo.co.jp/

あいおいニッセイ同和
http://www.aioinissaydowa.co.jp/

日新火災海上
https://www.nisshinfire.co.jp/

ソニー損保
http://www.sonysonpo.co.jp/

朝日火災
http://www.asahikasai.co.jp/

富士火災
http://www.fujikasai.co.jp/

チューリッヒ保険
https://www.zurich.co.jp/

東京海上日動
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

日本企業、外資企業合わせてこれだけの選択肢がありますが、特に留学生のための保険という観点から言えばAIU、損保ジャパン、Chubbあたりがおすすめ。短期、長期留学ともに保証制度が充実しており、いざとなったときの対応にも定評があります。また手続きもインターネット上と郵送のみで済むため、出発日が迫っているときや遠隔地にお住いの場合でも安心して手続きをすることができます。海外旅行保険の手続には1~2週間を要することが多いため、早めに手続きをすましておくようにしましょう。

海外旅行保険加入のルール!?

rubber stamp marked with regulation

海外旅行保険は任意で入るもの…と思っていませんか?
実は国によっては海外旅行保険の加入を必須としているところも少なくはありません。というのも留学生で学生ビザで渡航する人に関しては、海外旅行保険(もしくは何かしらの保険)の加入を必須としているケースがほとんどです。フィリピンの語学学校であっても年々厳しくなっており、語学学校側からの強い要請で加入の案内は必ずしてください、と留学エージェント側も口酸っぱく言われているというのが現実です。

さらに海外旅行保険は日本にいる状態でしか加入することはできません。
理由は定かではありませんが、金融庁が定めた決まりなのだとか。このルールを守らずに加入してしまうと罪に問われてしまう可能性もありますので注意が必要です。現地で延長はできますが、現地で加入は不可能となりますのでくれぐれもご注意ください。またほとんどの医療機関ではパスポートの入国日などをチェックしているため、不正があった場合もばれてしまう可能性のほうが高いと言えるでしょう。

海外でも入れる保険、World Nomad

ではすでに日本を無保険で出国してしまった人はどうしようもないのか?という疑問が出てくるところですが、実は一つだけ方法があります。World Nomadという現地でも加入が可能という保険サービスも現在は利用ができるようです。

World Nomad(公式サイト)
https://www.worldnomads.com/

気になる価格はどのくらいかというと、、、

pic3

こちら、4週間で124.50ドル。日本円にしておよそ1万3~5千円程度になります。やはり現地から加入した場合はかなり割高になってしまうようです。やむを得ず、、、という場合のピンチヒッター的な役割として利用したほうがよさそうですね。

クレジットカード付帯の利用

さらに別の方法としては海外旅行保険がついたクレジットカードを利用するというものです。こちらはカード会社によって内容は違ってきますが、大体3か月以内であれば適用されるというパターンが多いようです。しかし一般的な海外旅行保険との違いは補償内容の差です。

 

pic4

 

特に重要な部分としては疾病死亡と緊急歯科治療費用が大きな違いとなります。クレジットカードの場合は海外で病気になって死亡した場合は補償がありません。また現地で歯の治療が必要になった際なども保険が下りないため高額な請求が来ることになります。全般的に補償額が異なるため、クレジットカードで自分の求める補償内容が十分かどうかは必ず確認すべきといえます。

 

以上が海外旅行保険のまとめでした。

留学、旅行中は何が起こるかわかりません、海外旅行には必ず加入し、万全の準備で臨むようにしましょう。