留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > MBAで世界一周(十三日目)MDM(Managerial Decision Making)について
2014/07/30

MBAで世界一周(十三日目)MDM(Managerial Decision Making)について

今日は一日休みなのですが、ホテルに閉じこもってシカゴでのManagerial Accountingの試験勉強をしています。問題はシンプルなのですが、ケアレスミスをすると足元をすくわるタイプの試験内容なので、ぎりぎりになって少し焦っています。※実際に時間を使えるのが、今日と前日の移動日しかないというスケジュールなのです・・・汗

1.MDM(Managerial Decision Making)について

授業内容は詳しく書けないのですが(Honer Codeもあるので)、人間の行動をMicroeconomicsの理論からより心理学的なものへ発展させた学問だという理解をしています。教授が将来のノーベル賞候補との言われている方で、教え方も非常にうまく英語もゆっくりでわかりやすいです。

2.感じたこと

起業新とか規事業の立ち上げで、非常に多くの人が楽観的すぎる計画をし、失敗をしている例が非常に多いというデータがあります。実際に僕も5か年計画とか作成をすると、あとから見直すと恥ずかしいくらい、実際の結果と乖離していることが多く、非常に思い当るふしがあります。そのため最近はかなり保守的な計画を作成し、かならず達成を努力をしていました。

理論上陥りやすい部分を十分理解したうえで、どうしてもCEOというポジションは自信過剰くらいに見せるくらいがあってもいいのではないかと思います。表向きはそう見せたうえで、内心は現実をきちんと見据えたビジョンを持っている。そういう経営者になりたいと思います。

そういう意味ではこの授業に出て非常によかったと思っています。客観的に自分の自信過剰な部分を見直すことができ、またそういう部分は決してなくなってはいけない。

教授の質、授業の質、得られるものも多いよい授業です。(まだ途中ですが)
シカゴでもこう思える余裕があるといいのですが。

人気ブログランキングに参加しています。
↓ご協力よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします。

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話