留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > イギリスのボーディングスクールに合格!!!
2015/01/3

イギリスのボーディングスクールに合格!!!

本日イギリスのポーツマスにあるボーディングスクールの面接に長女と二人で行き、無事に合格を勝ち取ることができました。

1.親のサポートが非常に重要

親子面接のようなかたちで面接に臨んだのですが、①学校の成績②試験(後の提出)③面接の結果で合格が決まるようで、もともと①はまあまあくらいで、日本人というプレミア(学校には一人だけいるらしい)、わざわざ日本から面接に行くという熱意なども評価され、②の結果を待たずに無事に合格しました。(試験は僕が試験官で報告するという程度のもの)
面接は学長の英語が初心者にはかなり聞き取りにくい英語だったので、僕がかなりフォローをしましたが、まあ結果オーライとしたいと思います。高校受験とはいえ、留学となると親のサポート(海外リテラシーも含め)がかなり重要だと感じました。

2.スタートラインに立ったにすぎない

イギリスの高校進学は大学進学へのスタートラインにすぎません。一番イギリスの高校進学のよい点は、高校のレベルが大学進学のランクに影響しない点。公立からケンブリッジやオックスフォードへの進学はかなり難しいようですが、私立経由であればAレベルという試験の結果次第で高校のレベルに関係なく上位大学への進学が可能です。
実際に今年は3名オックスフォード大学に合格しているようです。この学校自体のイギリスでのランキングは中の上くらいですが、留学が初めての長女にはちょうどよい学校ではないかと思っています。

3.弱点の英語を早期にカバーできる環境

留学生の割合が20%と非常に少なく、寮生にもイギリス人子女が非常に多いので、彼女の現時点での課題の英語力を身に着けるのには最高の環境だと思います。中国人が一番多いらしいですが、極端に多いわけでもなく、ヨーロッパ各国から子女が集まっている学校です。

正直ここまでスムーズにいくとは思っていませんでした。問い合わせのメールを送った時点でかなり反応がよかったため、出願をし、そして実際に学校見学、面接をして合格したのですが、先方の事情はわかりませんが、日本人女子(学校初らしい)で成績もまあまあなので、先方からしたら欲しい人材だったのかもしれません。

これから長女は3月で幼稚園から通っていた学校を卒業し(中学)、シンガポールで3か月の留学準備、7月から提携している学校のサマースクールに参加、9月からこの学校に進学することになります。15歳からイギリス留学なんてうらやましい・・・。これから日本もそういう時代になるんじゃないかと予感します。高い学費を払い続けるために、仕事をもっと頑張ろうと、少し身の引き締まる思いです。

取り急ぎ報告まで。

人気ブログランキングに参加しています。
↓ご協力よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします。

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話