留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > MBAのネットワーキングに貢献!!!
2015/03/11

MBAのネットワーキングに貢献!!!

前回のMBAの授業中に、日本人のクラスメイトから僕の業界のある会社を某クラスメイトが紹介して欲しいという話がありました。いろいろ考えた挙句、その会社ではなく、別の会社を紹介したのですが、めでたく成約!!!ということで今日はネットワーキングについて

1.起業か転職のためが一番有益ではないかと思います。

そのクラスメイトはMBA卒業後新しいビジネスを模索していたのですが、めでたく今回日本の企業のパートナーをみつけたわけです。紹介者は僕なのですが、今回たまたま僕というその業界にかなり詳しい人に話がいきついたというところがポイントだと思います。

新しく事業を立ち上げる場合、あるいは転職先を探される場合など非常に役に立つケースがあるように思います。

2.大企業勤務だと仕事にはそこまで生きない

大企業の特性を考えると、すでにいろいろ事業が確立されていると、人事部とかMBA人材のネットワーキングが必要な部署以外はあまり役に立たないように思います。大企業勤務の場合だと、社内での昇進に役に立たない場合は、MBAは使い道がないようにも思います。

MBAで学んだことがどこまで生きるかは、また別の議論になるのでここでは詳しく述べません。

3.シカゴ大学に入学したときに決めたこと

一応クラスメイト、アルムナイからの依頼はできる限りこたえて行こうと決めています。たとえば、知っている会社があれば、できるだけ紹介しますし、時間が空いていれば同席して少しでもアドバイスしたり。実際にMBAって入学で学ぶことより、入学後どうしていくかのほうが重要だと思っています。

こうした少しの心がけが、シカゴ大学のMBAの評価UPにつながり、自分の仕事にどこまで生かせるかはわかりませんが、その部分はいつか少しでもあればいいかなあとそこまで期待してません。

4.自分の考えるネットワーキング

本来的には自分や自分の企業が魅力的になれば、いい話が転がり込んできます。これは本当に間違いないです。実際に大手企業との提携とか、普通にきちんと事業をやっていれば、必ず話が舞い込んできます。自分からアプローチするよりも、こちらが検討できる立場なので、非常に良い話になります。

一方MBAのネットワーキングとかで紹介してもらうと、無理矢理でも成約しようと思ってしまうので、そういうアプローチの仕方が本当にいいのかは疑問です。

ネットワーキングについては人それぞれ考え方もあると思うので、これはあくまで僕の意見ですので。いずれにしても、協力できてよかったです!!!

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話