留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > MBA後学習にシカゴ大学のEMBAがおススメな理由
2018/02/5

MBA後学習にシカゴ大学のEMBAがおススメな理由

※写真はシカゴ大学のEMBAのElectivesが開催されるHarper Center

最近DBAプログラムなどを検討していましたが、そういえばシカゴ大学のEMBAを卒業すると、毎年8月にシカゴで開催されるElectives(選択授業)に格安で参加できることを忘れていました。今日はそのことについて。※Executive MBAのプログラムを卒業した人だけの特典だったかと思います。シカゴ大学のMBAはどのプログラムも同じ学位ですが、EMBAで参加、終了した場合は、この特典があります。

シカゴ大学EMBAのElectives(選択授業)

冒頭の写真のフルタイムMBAとPhDプログラムの拠点である、シカゴ大学のHarper Centerで開催されるシカゴ大学のEMBAプログラムの選択授業は、かなり多くの選択肢の中から事前に応募して、参加することができるしくみになっています。人気授業は、オープン度あっという間に埋まってしまいます。

通常シカゴ大学のフルタイムMBAでは、他のプログラムと違って生徒の選択できる幅が大きいことが、プログラムの大きな売りになっています。一方E(Executive)MBAのプログラムでは、フルタイムプログラムで2年間で学ぶものを16週間に凝縮していることから、2年目にシカゴで開催されるEvectivesの授業では、かなり多くの選択肢から選ぶことができます。

僕の場合は1年DeferしたバタバタでElectivesに臨むことになってしまったのと、カリキュラムの変更でElectivesの授業を一部代替の単位として認定してもらうために、あらかじめ取らないといけない授業が決まっていたため、ほぼ選択の余地がありませんでした。そうした意味で少し悔いの残るElectivesだったのと、ロンドンキャンパスでの授業から合計3週間連続で授業を取らないといけないという、超過密スケジュールだったため、授業準備もきちんとできなかった記憶があります。

実は卒業後割安で参加可能なElectives

シカゴ大学EMBAのElectives概要

シカゴ大学のEMBAプログラムは、21か月で日本円で2,000万円もの学費になる、非常に学費が高いプログラムですが、実は卒業後に割安価格で8月の2週間のElectivesに参加できるという特典があります。すでにクラスメイトの中には毎年参加しているような人もいますし、そういえば100億の男も今年から毎年参加すると言っていました。

当然在学生だけでなく、卒業生も集まるElectivesの場は、特に卒業生にとってはネットワーキングには最適の場で、授業の合間にいろんな人とコミュニケーションを取って、仕事に生かそうとしている人や、多くの人も連絡先を入手でるアプローチできる機会であることは言うまでもありません。

再来年くらいから参加か

少し仕事でバタバタしますので、参加するとしても2年後くらいからにはなると思いますが、MBAでもまだまだ学びたかった授業がたくさんあったので、そちらの方がDBAとかで学ぶよりいいように思います。40歳で海外を目指したので、50歳でMBAに戻ってもいいのかなと。

それまでに会社をもっと大きくして、MBAのネットワークをもっと生かしたいですし、さらに英語力を磨いて、よい学びの場にしたいところです。

正直このElectivesにはよい思い出がなかったので、参加する意向は全くありませんでした。しかし2-3年たった今その傷も癒え(涙)、もう一度あの場にいつか戻るのが、自分にとって最適ではないかと思えるようになってきました。

シカゴ大学のEMBAのElectivesの卒業後の参加費用などについては、同プログラムに興味がある方も多いと思いますので、今年の参加費用を調査し、報告したいと思います。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話