留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > フィリピン(セブ島)で長期滞在者は自炊をしよう!
2018/02/13

フィリピン(セブ島)で長期滞在者は自炊をしよう!

フィリピン(セブ島)に移転してから、はや5年が経とうとしています。セブ島で美味しいラーメンは食べれるようになりましたし、最近ではなんと99ペソという安くお手軽なラーメンも食べれますが(笑)、日本食はここフィリピンでは高級料理です。

実は以前からも自炊を結構していて、最近その頻度が上がってきた気がします。やはりなんといっても日本人なので、昔ながらのおふくろの味は恋しくなるものです。今日はそのことについて。

セブ島の町屋マート

セブ島に住んでいる人にとっては知る人ぞ知る町屋マート。ここには最近毎週必ず行って、自炊のための食材を仕入れます。

味噌はこの料亭の味と決めています。だし入りで簡単に作れるだけでなく、味が濃くもなく薄くもなく、好みの味だからです。

町屋マートは高い?

フィリピンは一般的に輸入品は関税などの関係で非常に高くなります。僕は一幸舎で町屋マートの会員になっているので、10%の割引(業者向け)でいつも購入していますが、それでも高い。日本で買うよりも最低2倍、平均すると3倍くらいの値段は行きます。

この小粒納豆なのですが、4パックで148ペソします。1ペソ2.2円で計算しても325.6円です。日本でいろいろ価格を調べたのですが、せいぜい100-120円ではないでしょうか。そうすると、2.7-3.2倍くらいはするわけです。それでも日本食が恋しくなり買ってしまう。そこは日本人みな同じではないでしょうか。

自炊していて欲しい食材ベスト3

実際にいつもこれ欲しいなというものになります。あるけど高い、なかなかないものでもあります。

1位・・・豆腐

豆腐は町屋マートで65-75ペソ(150-170円)くらいで購入が可能です。(マクタン島で豆腐メーカーが製造している模様)いつも購入していたのですが、そもそも豆腐は賞味期限が短いので、最近2度ほどダメにしてしまいました。ということで、近くのスーパーで新鮮なものを購入したいNo.1です。

2位・・・スライスした豚肉、牛肉

セブ島で薄くスライスした豚肉、牛肉は通常のスーパーでは販売していません。USP(南フィリピン大学)のビルに入っている韓国スーパーが販売しているので、そこで購入するのですが、やはり近くのスーパーで購入できないのは不便です。

3位・・・漬物系、お惣菜系

町屋マートで購入できるものもありますが、そもそも種類がかなり限定されていて、当然かなり高くなります。浅漬けとか好きなんですよね・・・。もしかしたら自分で作れるのかもしれませんが、熱い国なので、痛むのも早そうです。

豆腐はセブ島で自分で作りたいくらい。英語学校のニーズもかなりあると思われるので、自分でやってみるか・・・(冗談です)

番外編・・・回転寿司が欲しい

日本の回転寿司クオリティー高いですよね。セブ島では回転寿司くらいのクオリティーのお寿司はありますが、すぐに3倍くらいの料金がいってしまうので、お得感がないです。最近行ったとある日本食レストランで注文した8貫の寿司ですが、

回転寿司で食べると黄金の一皿100円コースの4皿で、消費税入れても432円ですね。それがセブだと、イカ2貫100ペソ4貫で200ペソ、タイ2貫で120ペソ、マグロ2貫150ペソで、合計470ペソで、ほぼ10皿分の1034円も行ってしまいました。セブだとあの回転ずしで10皿1000円でお腹一杯コースは、夢のまた夢ですね・・・

自炊はストレス解消になる?

今日はチャチャっと、すき焼きのたれを使って、鶏肉ですき焼き風煮を作りました。こうした日本の味、美味しいですね。自炊はストレス解消になると信じています。

週2回は自炊していますので、今後半分くらいまで増やしたいですね。

日本食が好きな人にとって、なかなかセブ島での生活は厳しいですが、自炊すれば乗り切れます。あなたもそろそろチャレンジしましょう。(学校も自炊できる空間あるといいですね)

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話