留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > SRPのセブ総合リゾート計画がすごい!!!
2018/03/5

SRPのセブ総合リゾート計画がすごい!!!

セブに住んでいる人にとって、非常によいニュースが入ってきました。セブ島出身でサミットグループ(ロビンソンモールな携帯キャリアのSUNなど運営)の創業者、フィリピンで2番目のジョンゴコングウェイ氏は、セブ市との間でCEBU INTEGRATED RESORTという名称でのリゾート開発について合意したとニュースが入ってきました。つい昨日マニラから戻ってきて、「マニラの開発の規模の大きさ」に圧倒されましたが、将来セブにもマニラに負けないような施設ができるかもしれません。今日はそのことについて

そもそもSRPとは

SRPとはSouth Road Propertyの略で、セブ島からタリサイ市に向かい湾岸線の開発エリアのことを総称してSRPと言います。このSRPの開発エリアとして有名なのがSMシーサイドモールですが、実はマニラで宿泊したクリムゾンホテルを運営するフィルインベストも、このエリアに新しいモールを開発中です。フィルインベストの場合は、先に住居エリアを開発し、これからモールをオープンする予定です。

何の縁か、リサーチもかねてフィルインベストが開発した、AMALFIというコンドミニアムに週末AIRBNBを通じて宿泊する予定です。現在開発中のIl Corsoというモールも見学したいと思います。平日はなかなかこうした動きができないので、週末実益を兼ねてリサーチ中です。

ジョンゴコングウェイ氏とは

今回この投資に参加したのはフィリピンで2番目のお金持ちで、セブ島出身でもあるジョンゴコングウェイ氏です。彼はサンカルロス大学出身でもあり、セブ島ではアテネオでセブマニラなどだけでなく、さまざまな寄付活動もしているようです。その投資金額は、

18ビリオンペソ

円にするとあれ?360億円。確かに大きなお金であることに間違いありませんが、プロジェクトの規模の割には金額が大きくありませんね・・・

そもそも土地のサイズが約10万sqmです。360億円はやはり大きくありません。どうやらその秘密は、大富豪とセブ市との間で交わされた契約に秘密があるようです。

大富豪とセブ市との契約に驚く

今回この情報は、現在の市長であるオスメニア氏がFacebookに投稿したことから、知ることが出来ました。まずはその内容をじっくり読んでみたいと思います。

All of this at no cost to the City. In fact, in exchange for a 50 year lease of the land, the City will own 10% of all profits made for the entire duration. After this, when the lease expires, the Cebuanos will own not just 10%, but EVERYTHING on the property.

すべての投資についてセブ市の負担は全くありません。実際に、50年のリース代金を受け取る代わりに、セブ市は10%の利益を50年間受け取ることになります。リース期間終了後、セブアノ(セブの人の総称)が10%だけでなく、すべての所有権を得ることになるでしょう。

The 18B being spent is not going to the government, it is going to the economy of Cebu. This is 18 Billion that goes to the construction workers, suppliers, security guards, truck drivers, electricians, and carpenters who will make the pictures you see here become reality. And after it’s done, there will be 5,000 new jobs waiting for the Cebuanos.

18ビリオンは政府には一切行きません。すべてセブの経済のために使われます。建設作業員、資材供給業者、警備員、トラックドライバー、電気工事士、そしてこの建設に携わる大工に支払われることになります。完成後は5,000人ものセブアノの雇用を生み出すことでしょう。

これはウィンウィンの契約ですね。360億が小さい理由に納得します。土地はタダ、利益の10%を50年間払うだけで、この土地も手に入れることができてしまうようです。

セブ総合リゾートの施設について

restaurants, bars, a mall, convention center, casino, park, theatre, and no less than 3 hotels.

セブ市長の投稿では、レストラン(おお飲食事業!!!)、コンベンションセンター、カジノ、映画館、少なくとも3つのホテルが開発される計画のようです。

これがホテルのデザイン案。デザイン同じで3つの会社が棟を分け合うと、なんだか変な感じですね。

これは灯台ですね。SRPのあたりは海がきれいではないといううわさがあるのですが、ビーチはないとセブっぽくありませんね。せめてヨットハーバーくらいは欲しかったのですが・・・

海沿いの道には力を入れているようですが、ビーチに入っている姿はありませんね・・・残念。

これはショッピングセンターのイメージですね。ここに一幸舎を出す日が来るのでしょうか?

一応カジノの写真も載せておきます。個人的にはカジノには全く興味がありません。事業投資はややギャンブル的な要素がありますので、そのワクワク感で十分です。

セブの開発が進むのはうれしい限りです。10年後にどうなっているか楽しみですね!!!

10年後に向かって日々頑張ります。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話