留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > 小樽散策、水族館とびっくりドンキー
2018/04/3

小樽散策、水族館とびっくりドンキー

今日は小樽市内の観光です。巷ではカジノが3拠点まで許可されるらしく、北海道のニュースでは苫小牧が候補になっているとか。カジノ作るだけでなく、英語特区とか作ってくれれば、学校作りに行くのですが…

まずはドーミインの朝食

実はこのことドーミインはPREMIUMといって、少しグレードが高いホテルのようですが、サービス料金前だと一泊6500円程なんです。朝食ついて税込でも一泊9500円程だったので、朝食は全く期待していませんでしたが、なんとも絶品な内容でした。

こちらは海鮮丼のコーナー

こちらは海鮮のバーベキューですね。

見るからに美味しそうな盛り付け。ドーミインPREMIUM小樽の朝食かなりレベル高いです。実際に宿泊客以外にも提供していて、一人2000円ということです。多分宿泊客だと一人1000-1500円くらいだと思われます。

ヒルトンより美味しかったです。何より海鮮丼が食べ放題なのと、一つ一つの料理のクオリティーがかなり高いです。

朝食後小樽運河の近辺を散策

バス乗り場の建物

小樽はガラスの生産でも有名です。購入したワイングラスを、アウトレット館でお得に購入。

店内はこんな感じです。ヤローより女子の方がアクセサリーとか購入出来て良いのではないでしょうか。

こんなところにも抹茶スイーツのお店が。看板をよく見ると、macchaになっています。気をつけないとですね…

カフェで休憩。店員さんが明らかに中国人が多いです。そらもそのはず、中国人の若い人は英語も話せるので、お客さんと流暢に英語でもやりとりしてました。

こちらがワイングラスを購入したお店なのですが、店員さんが年配の方ばかりでした。小樽という場所は高齢化と国際化が進んでいますね。英語特区の話になりますが、こうした人の雇用を守ろうとすると英語特区は難しいので、行政の判断はなかなか大変ですね。

小樽水族館はオススメ

結構時間もあったので、小樽水族館も行きました。

何十年ぶりかのイルカのショーも見ました。確か一人1800円くらいだったかと思いますが、良い観光場所だと思います。

遅めのランチはびっくりドンキー

びっくりドンキーが、北海道の会社と知ってビックリしました。日本でもお気に入りのレストランで、飲食業に進出してからは、特にフランチャイズなどにも興味があるので、wikipediaで色々調べました。

なんでも創業者がアメリカのマクドナルドを視察して、ハンバーガーの業態ではかなわないということで、ハンバーグ定食の業態にしたということです。

おなじみのデッカいメニューには、同行のフィリピン人もびっくりしてました。

店内もオシャレです。

僕は定番の和風ハンバーグライスに味噌汁を付けました!

同行のフィリピン人は、サーロインステーキです。ちなみにフィリピン人、ステーキはウェルダンです。80-90%ステーキのレアが食べれませんので、いきなりステーキはフィリピンでは流行りません。びっくりドンキーだと、この丸いので自分で焼けるので良いですね。でも後半までは持たずに、ミディアムのステーキを食べるためになってました。昔は少しでも肉が赤いと食べれませんでしたが、最近は少しなら食べれるようになったので、成長しましたね。

こうした成功している飲食店に行くのは、勉強になりますね。大きくなる会社は最初から大きくなることを目指しているのだな、と実感した次第です。

最後に小樽運河の写真です。明日には札幌に異動し明後日セブに戻ります。明日は一幸舎の札幌店に行く予定です。

応援よろしくお願いします。


フィリピン留学 ブログランキングへ↑↑↑↑↑↑1日1回クリックをお願いします。

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話