「未来に繋がる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

バギオ

観光と避暑の街

バギオはフィリピン北部ルソン島のコルディリェーラ行政地域にある都市です。フィリピンの首都・マニラからはバスで6時間~8時間ほどのところにあります。この地域の中心的な存在であり、ルソン島北部の各地へ行く際の交通の要所エリアともなっています。人口は約30万人、面積は49k㎡です。フィリピンというと一年中暑いイメージがあるかと思いますが、ここバギオは標高1500mのところにあるため、平均気温は20度、最高気温も26度程度と、一年を通して非常に過ごしやすい気候になっています。3月から5月にかけては大統領府などの政府機関がバギオに移転してくるため、「サマーキャピタル」とも呼ばれています。バギオは観光地でもあり、2月に行われるフラワーフェスティバルや、世界遺産に登録されているコルディリェーラの棚田郡など見どころも豊富で、毎年多くの観光客が訪れています。また、アジア人向けの語学学校も多く、バギオの街中では日本人とすれ違うことも少なくありません。

留学先として

バギオはセントルイス大学、フィリピン大学バギオ校をはじめとする5つの大学を擁するなど、教育機関が集まる学園都市でもあります。ルソン島北部の教育の中心地であり、語学学校も50校以上あると言われています。しかし、その多くが非合法の学校のため、学校選びは慎重に行うことをお勧めします。ですが、バギオは静かな田舎町で、マニラやセブに比べて治安もよく、物価も安いので留学先としては最高の環境が整っています。町には大きなシティマーケットもあり、地元の住人や留学生たちで賑わっています。都会の喧騒に邪魔されず英語学習に集中できるので、効率よく英語力を挙げることができるでしょう。

バギオ

ニセコ留学 お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話