「未来につながる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

2020/02/19

CNE1へ行ってきました!!

 

こんにちは、今回はCNE1を取材してきました!

CNE1について

CNE1は2010年に創立され口コミや卒業生の方が周りのご友人・家族を中心におすすめし、これまで4,000人以上の卒業生を輩出しています。
卒業生のフィードバックでは全体の98%の方がCNE1に留学してよかった!と大変満足されています。また2018年にご入学された生徒さんの約10人に1人がCNE1の魅力に魅了され、リピーターとしてCNE1に再入学をされています。驚異のリピーター率ですね!
image1

生徒さんの特長としましては、落ち着いた環境で自分のペースで学習したい方が集まる傾向がございます。高校生・大学生の方もいらっしゃいますが、海外の大学進学のためにIELTSスコアの高得点を目指している方、就職に有利になるために英語力を身に着けている方が多いです。また最近では転職前の方やシニア層、都会暮らしに疲れて癒しを求めてこれる社会人の方も多いそうです^^

CNE1ですが、恐らくフィリピンの語学学校の中で1番広大な敷地を持っている学校かと思います!といいますのも正面玄関がこの重厚な門でして。。。
image2

ここから学校がある建物まで3~4分程歩きます(筆者の体感ですので実際は若干の誤差があります笑)!

そうしますと卒業式のスピーチの際に使ったり、放課後にバトミントンやバスケができる体育館が見えてきます!(正面玄関を入った後にCNE1の手前に現地の小中高等学校がありますので現地の子供たちと触れ合うことも可能です)
image3
これだけ広い体育館がある語学学校はなかなかないです!
こちらの体育館の写真左側にCNE1のメインの宿泊施設・教室やオフィスがあるエリアがあります。※敷地が広く写真一枚にすべての建物が収まらないので後程詳しく施設について記載させていただきますね^^
image4

ロケーションについて

CNE1は日本人の方にはあまりなじみがないターラックというエリアに学校がございます。最寄りの空港はクラーク国際空港です。マニラ国際空港からも学校まで向かえますが、マニラは近年、都市から出るまでに酷い渋滞が発生しております。そのためクラーク国際空港を利用されたほうがスムーズかつ快適に学校まで向かえます^^

目安として所要時間は以下の通りです。

クラーク国際空港⇒CNE1:1~1.5時間
マニラ国際空港⇒CNE1:4~5時間

学校施設について

CNE1の学校施設は2つあります(ルソン教室、ミンダナオ校舎棟)。
主にマンツーマン授業はミンダナオ校舎棟にあります。
image5
ミンダナオ校舎棟

 

image6
マンツーマン授業の様子

 

お天気がいい日は学校のお庭にある空母(ニパハット)で青空学習もできちゃいます♪
image7
素敵な笑顔ですね~^^

image8
ルソン教室ではWebデザインなどが学べます。

image9
グループ授業でも少人数なのがいいですね!

宿泊施設について

それではCNE1の学校施設についてご紹介していきます!
image10

 

宿泊施設は3タイプです(すべて学校の敷地内)。

①第1宿舎ルソン(1人部屋、4人部屋)
②第2宿舎ビサヤ(2人部屋、4人部屋)
③第3宿舎CNE1レジデンス(全室1人部屋)

どのお部屋タイプでもWifiの利用が可能です!
CNE1のWifi速度は他校と比べてかなり快適でした!
実際に私が宿泊させていただき、レジデンス1人部屋でパソコンや携帯を操作しましたが
問題なくメールやLINEなど送ることができました。
また写真や動画のアップロードもさくさくできました。
ただ、フィリピンなのでたまにWifiが切れることはありましたが、ストレスは感じない程度の頻度で逆に驚きました。といいますのも、CNE1があるエリアはのどから田舎なのでWifiの利用は正直厳しいかなあと最初に思っていたからです(学校関係者のかた申し訳ございません笑)。

続いて各お部屋タイプの紹介をしていきます^^

①第1宿舎ルソン(1人部屋、4人部屋)

①正面に見えている建物(青・オレンジ・青の屋根)が第1宿舎ルソンです。
image11

もう少し近く寄ると・・・・
image12
玄関が見えましたね!

第1宿舎ルソンは2010年開校と同時に建った宿舎です。
以前は少し年期がたっていたので古さが目立っていましたが、2014年に全面リフォームしたため以前よりも全体的に建物内が明るくなっております!
image13
↑1階の廊下(1階は教室)

 

image14
1人部屋(勉強机+クローゼットあり)

 

image15
4人部屋(2段ベットが2つ)+4人で一緒に使う大きい机が1台+クローゼット

1点注意点があります!
第1宿舎ルソンは1人部屋でも4人部屋でも各お部屋にはシャワー・トイレがついておりません。

24時間利用可能な男女別に分かれた共同シャワールーム・洗面所・トイレがルソンの宿舎の中に設置されている形となります。
image16
トイレ

 

image17
洗面台

 

image18
シャワー

 

image19
ドライヤーも完備しております!

各お部屋にトイレ・シャワーが設置されていないため他の宿舎よりは価格が安くなっております。なるべくコストは抑えて留学したい方におすすめの宿舎です。

②第2宿舎ビサヤ(2人部屋、4人部屋)

2012年にオープンし、各お部屋に洗面所・トイレ・シャワーがセパレイトスタイルで完備されております!

レジデンス1人部屋は少し予算が厳しい方や、お部屋にトイレなどがあってほしい!という方におすすめのタイプですね。

image20
第2宿舎ビサヤの外観

 

2人部屋は2パターンあります。
どちらになるかはお部屋の空き状況によります。

2段ベットのパターン
image21

 

2つのベットがそれぞれ平置きタイプ
image22

右側の黄色のカーテンの奥が洗面台、左側にシャワー、右側にといれがそれぞれあります。

多くの語学学校ではトイレ・シャワーがこのように分かれていないので、
このタイプのつくりは嬉しいですね!
image23

 

image24
トイレ

続いて4人部屋を見てみましょう~!

2段ベットが2つあり、トイレ・洗面台・シャワーは2人部屋と同じ作りです。
image25
image26

 

③第3宿舎CNE1レジデンス(全室1人部屋)

2014年にオープンしたのがこちらのレジデンス1人部屋です!

特に社会人やプライベート空間が必須な大学生の方に人気のタイプとなっております。
1番新しく建てられた建物なので、お部屋は他のタイプとくらべると明るく、きれいです!
image27
レジデンス1階部分

レジデンス1人部屋はお部屋によってデザインや広さが多少変わります。
※料金はどのレジデンス1人部屋になっても同じです。

 

image28
おしゃれな棚があるお部屋タイプ

Simple is the Bestな使いやすいお部屋タイプ
image29

 

ベットの奥に見える扉をあけると、洗面台・トイレ・シャワーがあります。
image30
image31

少し写真では見えづらいですが、シャワーの下の方にシャンプーなどがおけるラックがあるのも個人的に高ポイントです!他校ですとラックなどはなく、シャワースペースの床に直でシャンプーなどを置くケースが多いので、少し潔癖な方には試練な場合もあります。

カリキュラムについて

CNE1では1コマ=50分で授業の提供があります。
2コマを1人の講師が担当しているので、例えばマンツーマン4コマ+少人数グループ2コマの場合、マンツーマン授業は2人の講師が自分の担任になります。

基本コースは以下の通りです。

  • マンツーマン4コマ+少人数グループ2コマ(日常英会話、基礎英語、ビジネス英会話)
  • マンツーマン6コマ+義務自習2コマ(日常英会話、基礎英語、ビジネス英会話)
  • IELTS Boot Campマンツーマン4コマ+少人数グループ4コマ(最低4週間以上~)
  • こども英語先生養成マンツーマン4コマ+動画講義2コマ+タスク2コマ
  • WebデザインITマンツーマン4コマ+英会話マンツーマン4コマ

その他、ワーホリ対策やバリスタコースもございますので別途お問合せください^^

食事について

CNE1では、365日3食提供がございます。
平日は日本食のような味付けの食事、休日はフィリピン料理が多い特徴があります。
お食事スタイルはビュッフェ形式なので自分が好きな物を好きな分だけ召し上がれます!
image32
image33
ベーコン好きなので思わずベーコン単体で写真をぱしゃり

 

image34
image35
お食事風景

生徒さんへのインタビュー

image36
左:インタビューを快く受けてくださった生徒さん、右:現地スタッフの伊奈垣さん

私がCNE1に実際に訪問させていただいた際に(2019年10月)高校2年生17歳の好青年の方が在籍されていました。急遽お声がけさせていただき、快くインタビューを快諾頂いたので、実際の生徒さんからのフィードバックをご紹介させていただきます♪

インタビュー当時の段階で留学16週間目、トータル36週間滞在予定とのことでした。
スピーキングテストに関しては入学時は51点程でしたが、インタビュー当時の段階で75点程のスコアアップがありました(日本の大学の外国語学部の英語クラスで英語で討論可能なレベル)。

CNE1の魅力とは?
⇒社会人の方と話す機会が多く、将来自分がどういう道でどういうことがしたいのか見えてきました(大学は日本ではなく海外の大学進学を検討され、現在はIELTSの高スコア獲得を目標にされておりました)。CNE1に留学せず、日本にいたままだったとしたら同年代の人としかあまり関わっていなかったと思うと、留学したからこそ開けた視野があると思います。
アットホームな環境があるCNE1だからこそ年齢関係なく、気軽に様々な方と関われるのがいいところだと思います。

また講師とも24時間生活できるところは他校にはない魅力ですね。
週末も仲の良い講師とアクティビティをしに出掛けたり、ボランティア活動をしたり、
そのまま一緒に同じ場所に帰ってくるのもかけがえのない日々だと思います!

逆にCNE1に不満はないですか?
⇒カリキュラムやスタッフの方に不満は一切ないです!
唯一思いつくとしたら食事がどうしても飽きがきてしまいますかね。。。
長期滞在なのでどうしても日本食が食べたいな~となるときは正直あります。
なのでふりかけとかインスタントのお味噌汁を持ってくるのもいいかもしれません。

まだまだ生徒様からのフィードバックはございますが、訪問記ではこれぐらいで止めておきますね!(笑)もっと詳しくCNE1について聞きたいよ~!という方はメールまたはお電話にてお気軽にお問合せくださいませ^^

記事の投稿者

misaki-editor

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 LINE

主な学校紹介

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話