「未来につながる留学」

徹底したカウンセリングで後悔しないフィリピン留学を実現!!

手配・相談手数料無料+日本とセブ島スタッフの充実サポート!!

> > > パスポートの取得・更新方法について

パスポートの取得・更新方法について

pass

フィリピン留学に必要なものであるパスポートについてまとめてみました。

フィリピンに入国する際、「滞在期間+6ヶ月以上の残存有効期間のあるパスポート」及び「見開き2ページ以上のパスポートの未使用査証欄」が必要となります。

パスポートをすでにお持ちの方

checklist-2313804__480

まずはご自分のパスポートの期限を一度確認して下さい。
万が一有効期間が足りない場合は、新しいパスポートに切り替え申請をして、残存期間を延長する必要があります。
※国際的に、滞在日数+半年間のパスポート残存有効期限が必要となっています。

ただフィリピンの場合、滞在日数+半年間のパスポート残存有効期限が無くても良い、と制度が変わったのですが、まだまだ大使館員や入国審査官に周知しきれておらず、入国の際にトラブルになることがあります。
入国審査官によっては上記の日数をカバーしてない場合、入国拒否される可能性も十分にあります。
そのため残存期間が半年以下のパスポートをお持ちの方は更新を強くおすすめ致します。

パスポートを持っていない方

dallas-city-hall-373280__480

パスポートの申請は、住民票がある都道府県の、旅券事務所や旅券センターにて申請することが出来ます。
パスポートは都道府県ごとに申請場所が異なります。
詳細はこちらのページをご覧ください。

パスポート申請に必要なもの

  1. 申請書:パスポート申請窓口で入手可能。
  2. 戸籍謄本または抄本:申請日前6か月以内に作成されたもの。
  3. 写真1枚: 縦45ミリ×横35ミリの縁なし。無背景の写真。申請日前6か月以内に撮影したもの。
  4. 本人確認書類:運転免許証やマイナンバーカードなど。
  5. 住民票:6ヶ月以内に発行されたもの。

詳細はこちらのページをご覧ください。

パスポートの発行には1-2週間程度かかりますので、ギリギリにならないように余裕を持って申請しましょう。
パスポートが出来ましたら、念のためにパスポートの顔写真部分のコピーをとっておき留学時に持っていきましょう。万が一紛失してしまった時や、いざというときに役立ちます。

airport-2373727__480
今回は留学などの海外渡航に欠かせないパスポートの申請方法についてまとめました。各都道府県ごとに必要になってくる手続きや、パスポートを紛失等した際の対応は変わってきますので、詳しくは各都道府県の申請窓口でご確認下さい。
航空券の購入にも絶対必要なパスポート、早めに申請・更新をしましょう。

ご不明点ございましたらお気軽にお問合わせ下さい

※電話受付時間:9:00~18:00