留学JP 代表者ブログ

MBA留学後フィリピン、セブ島での企業運営について

> > > Statistics(統計学)~Autumn Week1,2
2013/02/12

Statistics(統計学)~Autumn Week1,2

統計学については、日本だと数学に分類される科目ではありますが、これも英語が原因か最初は結構苦戦(授業中になかなか理解できず)し、最終的になんとか日本で数学ができたという名誉を挽回できた結果となりました。

1.イタリア人の教授によるジェスチャー満載の授業

イタリア人の見た目もなかなかいい教授が、ジェスチャーとジョークを交えつつ、つまらない統計学をなるべくおもしろくわかりやすく展開します。
確かに統計学なんて、たいくつで授業中は眠くなるものなのは間違いありません。クラスメイトの中には統計学はすでに学んだ人も多いため、内容には賛否両論が分かれるものではありましたが、個人的には満足のいく内容でした。

2.日本人は日本語で勉強したほうがいいのか?

僕自身MBA中は日本語のサブテキストを使用しないようにしようと決めていますので、確かに効率は悪いかもしれません。実際にRegression Analysisが回帰分析だということをつい最近まで知らず、日本語で勉強したほうがテストで高得点取るにはいいのは間違いなさそうです。

3.MBAで必要なことはコンセプトの理解だと思う

テストで高得点を取るために統計学をやるわけではなく、コンセプトを学ぶことで他の科目に役立てることが真の目的はずです。単純に統計学をよい成績を取ることを優先するなら、絶対に日本語のテキストでしっかり日本語でも勉強したほうがいいかもしれませんが、今後授業で使われるとしても、英語で行われる授業の中で使われるわけで、長期的に見ると英語で学んだほうがいいのではないかと思っています。

4.テストはどうだったのか。。。

正直中間試験は苦戦しました。MicroeconomicsのFinalと同じタイミングだったのと、統計学のコンセプト自体の理解があいまいだったからです。Finalに向けて、レクチャーノートを最初から最後まで押さえ、テスト対策は少しにとどめたことで最終的にFinal(最終試験)で非常によいスコアを取ることができました。

実際に統計学の試験の結果がTAからメールで送られてきたときに、平均、標準偏差、最高得点などの情報を見ることで、自分の位置をイメージ(おおよそどのくらいの位置にいるのか、偏差値はどのくらいなのか)できたので、統計学を学んで役に立っていると思っています。

最終的な結果は次回ということで!!!

↓よろしくお願いします。 ↓

emba-bnn03.gif  ←クリックお願いします

併せてよく読まれてます

お申込み特典 オンライン英会話 留学JPキャンペーン LINE

お役立ち情報

オーストラリア留学JP
カナダ留学JP
ニュージーランド留学JP
オーストラリア留学ならセレッソ
留学JPオンライン英会話