【2020年版】SEO対策とは?初心者から学べるSEO完全ガイド

ウェブサイトを運営したことがある人にとって、「SEO」は一度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。日本語で検索エンジン最適化、SEO対策は、ウェブサイトを検索キーワードで上記表示させるためのノウハウのことを言います。

SEOの業界で15年以上の経験がある筆者が、SEO対策の歴史をまずは詳しく説明し、最終的には最新のSEOの情報(ノウハウ)を提供します。

SEOの歴史

SEOの歴史はGoogle設立まで先のぼります。1998年に設立されたGoogleは二人の天才ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって、開発された検索エンジンのアイデアによって急成長をします。そう被リンク(バックリンク)と言われるものです。

検索エンジンとしてのGoogleの考え方(設立当初)

ペイジとブリンによる新しい検索エンジンは、ウェブサイトの重要度を被リンク(バックリンク)の数をチェックすることで評価したため、2人は当初この検索エンジンを「BackRub(バックラブ、背中へのマッサージの意)」というニックネームで呼んでいた。 Wikiより抜粋

いわゆるページランクという、被リンクの数と質でウェブサイトのランキングを決定するしくみは、初期のSEOには非常に重要なコンセプトであり、Googleが急成長するのは欠かせないアイデアでした。

日本の検索エンジンサービスの歴史

一方日本では、Yahoo Japan、Google、MSNが検索エンジンのシェア争いで、しのぎを削る時代が到来します。当初Yahooは2001年4月からGoogleを検索エンジンとして採用していましたが、2004年5月に独自の検索エンジンの開発によりGoogleとの提携を解消しました。

2004年6月よりYahoo Japanが同時の検索エンジンを提供し始めたことで、SEO対策の事業会社が主にYahoo Japan向けの検索エンジン対策で一気に増えました。有名な会社だとフルスピードという会社がありますが、フルスピードで成長して2007年にマザーズ上場、最終的には2010年6月にフロービットの子会社となり、実質的に事業を売却したかたちになります。

最終的にYahoo Japanは、2010年7月より再度Googleを検索エンジンとして採用し、今に至ります。パンダアップデート、ペンアップデートなどにより、GoogleのSEO業者つぶしはさらに続き、現時点で被リンクによるSEO対策は、ほぼ通用しなくなってと言っていいでしょう。当社自身も現在は、被リンクの重要度は20‐30%程度にとどめ、7‐8割以上をコンテンツ重視のマーケティングノウハウ(ツール)を総合的に提供する形に、軸足を移しております。

コンテンツマーケティングとしてのSEOとは

現在SEOの手法の中で最も効果的なものが、質の高いコンテンツを多数保有することで、結果的にアクセスを増やすことができる、コンテンツマーケティングが主流になっています。

コンテンツマーケティングが有効な理由

コンテンツマーケティングがSEO対策に最も有効な理由は、良質な関連するページを保有することで、結果的にメイン(トップ)ページが検索結果で上位に表示されるだけでなく、関連するかつ違った内容のページを多数保有することで、ロングテールマーケティングとして、さまざまなページから自身のウェブサイトへのアクセスを増やすというった特徴があります。

コンテンツマーケティングの有名ツール

ここ最近最も注目を浴びているのが、Noteです。Noteの特徴ですが、自社開発したブログプラットフォームを無料で利用できるだけでなく、ユーザーが簡単にコンテンツを販売が出来るようになっている点です。

次のすでに主流のツールとなっているのが、Wordpress(ワードプレス)です。ワードプレースは独自のドメインに簡単にインストールできるようになっており、またデザインのカスタマイズもしやすくなっており、すでに数多くのユーザーを獲得しています。

企業及び個人で使い分ける

企業がコンテンツを作成する場合は、デザインなどカスタマイズがしやす事から、いまだにワードプレスのほうが使い勝手がいいように思います。一方、最近ブログを始めた個人の人は、将来的な課金やアクセスを集めやすいなどの理由から、Noteを使用している人が圧倒的に多いイメージがあります。

SEO対策で使えるおすすめマーケティングツール

ワードプレスで独自のサイトを立ち上げた後は、実際に自分が作ったコンテンツがどのくらいアクセスを集めているのか、分析するためのマーケティングツールを活用することをおススメします。

Google Analytics(アナリティクス)

Google Analyticsはウェブサイトのアクセスを解析するのに最適なツールです。基本機能としては、集客カテゴリーの中にある「チャネル」や「参照元/メディア」の部分でどのサイト、検索エンジンからアクセスがあったか分かります。あとは行動カテゴリーの中にある「サイトコンテンツ」で、作成したページごとにどのくらいアクセスがあるか見ることができます。

集客カテゴリーの中にある、Search Console-検索クエリで、実際にどの検索キーワードで検索されたのかを観ることが、SEOにによっては最も重要です。

SNSマーケティングが検索エンジンを脅かしつつある

SNS(そしゃるネットワーキングサービス)はこの5‐10年で、検索エンジンを唯一脅かす存在として急成長を遂げました。一方でYoutubeはGoogleに買収されましたので、Google&Youtube連合、Facebookを中心としたInstgramを含めたグループ、そしてTwitterのグループに大きく分かれていると言っていいでしょう。

SNSで大きくアクセスを集めることができりょうになったため、企業あるいは個人事業者は、ウェブサイトを保有運営しているだけでなく、Facebook(及びInstgram)ページ、Youtubeチャネル、Twitterアカウントを持っているのは、SNSマーケティングのために欠かせなくなっています。

スマホ最適化のウェブサイト

現在のウェブサイト運営者にとって、ウェブサイトをスマホに合わせて最適化することは、結果的にユーザービリティーが上がり、検索エンジンの検索結果順位も上がるために、重要なファクターです。実際にスマホ経由のアクセスは全体の7‐8割以上を占めるようになっており、多くのウェブサイトがPC用だけでなく、スマホに合わせたサイトを自動的に切り替えるか、リスピンシブルといって、スマホをベースのデザインに採用し、それをPC版では自動的に最適化して表示するサイトも増えています。

現時点での最適な広告方法

以前は検索エンジン広告(Overture及びAdWords)が広告の主流でした。1クリックあたりの単価を設定し、クリックしただけ広告代金を支払うというものです。一方、検索エンジン広告は、入札形式を採用しているため、現時点で主流キーワードは採算が合わなくなってる傾向があります。よって、広告をしたい業種やウェブサイトの内容によっては、他の広告を試すことも重要です。

アフィリエイト広告

アフィリエイトの広告は、1クリックあたりで料金を設定することも可能性ですが、1資料請求や1販売あたりで単価を設定することが主流であり、広告出稿者(スポンサー)側からすると、採算を読みやすく人気が高いです。

Facebook広告

Facebook広告は、現時点でも広告単価が比較的安いことや、店舗などを中心地とした広告エリアを絞った広告配信が効果が高いだけでなく、一度FacebookページをLikeしたフォローすると、再度ユーザーに広告費を投入しなくても、情報が提供できるため人気です。

Youtube広告

Youtube広告も映像で広告を配信できる傾向があるため、TVCMの代替やパッケージとしても人気が高い広告です。新規で映像を見ようとすると、必ず最初の何秒かは広告を見なければ先に進むことができないため、広告の配信数なども明確にわかるため、実際に何人が見たか分からないTVCMより、ユーザーへのリーチが図りやすいです。